爆弾を包んだスライム その2

お医者は相変わらず、近隣の当事者たちや、二次障害やスペクトラムが重い位置の人達ばかりを診て過労しているようだ。

私のような地域の当事者に手の届く場所に、ケアを受けられる場所は湧いて出てこない。各種病院は今、コロナ問題に追われている。

働いていけない、収入の無い人は、生活保護。手帳がある人は、企業の障害者枠就労か、障害者支援の事業所で就ける種の職種。

無い人は、放置で、一般の普通の就労。

都会で、オフ会のようにつながり合っている人たちも、おそらく片付けを付き合うとか、引っ越しの荷造りの相談に乗るとか、子どもを安全に見てるとか、家の中にも入ってきてくれる支援をできる場合は、ものすごく少ないのではないかと想像する。

ネットは頼っても、多くても三行でしか答えてもらえず、具体的な救済に全然ならない場所や、

自己投影の爆撃が飛んできて、時間無制限勝負で自他の境界線をいかに派手に破壊して、自分の領地を拡大して植民地化していくかの戦闘地帯の場所しか、機能してない。

自己紹介でつながりあうのが、せいぜいの限界であり、
負担が楽になることを待って、待って、待って、待ってすがろうと、清水の舞台から飛び降りる勇気で決心しても、
結局は軽度当事者の大多数が、子どもが家にいない時間の合間を縫い、よそ行きの服を引っ張り出し、身だしなみを一生懸命整え、スマホと睨めっこしながら公共交通機関に乗り、道を悩み、悩み、たどり、初めて着く場所に汗だくで、緊張してたどり着くんだろうな。

むかしの私のように。(独身だけど。)


私たちは要するに晴らせない不満を、各種大量に抱えて、日々老いていっている。


具体的な治療効果が出るような支援が出来る、優しさと能力と余裕のある『優しい人』の在庫は、もう世の中には無いんですよ。

そこが、稀少な”在庫”を探し続けるメンヘラや、たぶん私の親も含めて、病んでる軽度当事者の我が子が一発逆転をしないものか、幸せになれないものか、
なんとなく社会に押し付けて、夢が叶うのを待って、待って、待って、待ち続けているような、
軽度当事者と関係があって、具体的に迷惑をこうむっている一般の普通の人たちとの、
認識の温度差が生じている場所なんだと私は考える。

もう❝在庫無し前提❞で、そこからスタートして、各種の問題をどうするか、

私は、ネットの軽度当事者が集まる議論の場では、それが話し合われて欲しいと、ずっと待ってきた。のに………。




ネットでは一説として、晴らし切れない自己主張は創作して世に出せ、という説があるが、

自分で遊びでやってみても、これも甘くないですぜぇ

遊びだから、自己責任でやってますけれど。

これこそ自己責任ですね。

自己責任ってやつを意識してますよ。


自己責任説、過去にもかの場所で注目を集めたようですよね。

自己責任の取り扱い方、

自己責任論の持ち込み場所、

掲示板に書き込んだ自己責任、

人を な じ っ た 、と評価を受けた文に後付けされたかのように発生した自己責任、

それで、自己責任説は結局どうなったのか、結論は出ないまま、

自己責任をテーマにした議論は打ち切りになってしまった経験を、

私たち、あの掲示板の参加者は経験しました。

「この場合の自己責任の線引きはここだ 」
「いや違う、あなたの認識は誤認知だ、自己責任はここからここまでだ 」
「あなたもあなたも違う、何人もの人が誤認知を起こしている、自己責任の線引きはこうあるべきだ 」
「誤認知誤認知
「誤認知誤認知誤認知誤認知誤認知

………などなどの議論を、日常生活の間を縫いながら、睡眠時間を削りながら、

参加者たちの興味関心、結論への探求心が満たされるまで、

書いて、書いて、書いて、書いて、書き合う日々を期待していた人たちはいらっしゃったのかもしれません。


元の文
「ネットの自己責任って、自分で『書きたい』って自己決定して書いたものに発生する、でいいんじゃないの」

主語決めつけ型
「『書きたい』って自己決定した時だけでは取れない責任があることがある。掲示板の人たちの総意のように言うな。」

自分語り型
「いつもこの掲示板に書く時は、ロムの人たちに身を挺して犠牲になり誠心誠意尽くすつもりで書いてます。自分の感情で『書きたい』と思って書いたことはありません。」

家庭事情申告型
「むかしから親には『自己決定なんて我が侭で生意気なことをするな』と暴力を振るわれてきました。そういう発想を出来ることがうらやましいです。」

斜め上から型
「世の中には思うことがあっても言語化できない人もいるんですが。」

独り言型
「うーん、『自己決定して書く』というのは一理あるけど、つれづれなるままに書かれた清少納言が好きなのはわたしだけ

一概には言えない型
「ネットのカキコにもいろいろあり、人に通じるコミュニケーションはなんでも言語化、だけじゃなく技量があればポエムで匂わせる非言語な伝達もある。一概には言えないかと。」

クオリティ追求型
「『自己責任』を取るカキコが『自由な自己決定による』というなら、比較対象としてビジネスのメールの責任論にも言及すべき。」

〇カ「『自己責任』取らないの ならネットを全部やめてしまえばいい。」



………疲れた。ここまで書き出せる自分が結構アホだと再認識した。


もうあるらしいですが、こんなリツイートを考えてしてくれる機能のアプリを使えば、自分の代わりに8個のリツイートを投下して、エンジョウ起こせそうですね。ツイートってもう果てしなく戦闘地域じゃないですか。

あの掲示板のように、軽度当事者が集まっているツイッターのハッシュタグの中って、どうなってるんでしょうね。

やってなくて良かった。私は寝る。


これからの時代で、ネットで、『癒される』まで、なにか書くって、可能なんだろうか

『癒し』と『情報収集』のつもりでインターネットを買った軽度当事者は、きっと野良レモンだけじゃないと想像する。『癒し』機能が無くなったら私たちどうなるの もっと二次障害で病むの

正義に反するものは集団ヒステリーでいくらでも叩き潰していけるという精神状態が、ますますネットの中の人たちに加速するんじゃないのかな。



たぶんそう遠くない時代に、

たぶん未来の、野良レモンがまだ生きているであろう時期には、

ちゃんと心療内科などのお医者たちが、

精神が病んでいる人たちが、創作物を書くのを待たないで、

空想や、不満や、自己顕示欲などの『不燃ごみ』のような思いを、

ちゃんと向かい合って聞き出してあげなければならない時代が来るような気がする。

今までは、私に対応したお医者の一部のように、投薬や犯罪に該当しない症状は、ひたすら、沈黙して、反応なしで聞き続け無言で、私が罪悪感で立ち去るまで待つ、という『無視』が、『傾聴』という名称で、いくらでも使われていたと思われる。

もしなにか書いている、造る、歌う、踊るなどで表現している患者がいたのなら、たとえ食うや食わずでも、家族を泣かせてまで依存していても、
制止せずに、医療やカウンセラーは、引きつった笑いで傍観し続け、応援する振りして、距離を詰めずに眺めていただけだったろう。


しかし、無料のネットサイトを見て回るだけでも、

表現の欲求がある人たちの、表現した物って山のようにあるじゃないですか。

私は、回線接続料だけの無料の場所しか見ない。怖いから。

フェイスブックも、インスタグラムも、ラインも、表現の場らしいけど、見ない。IDやパスワードを増やすのが怖い。お金が掛かるのか掛からないのか、分からない場所が怖い。

表現の場所として、IDやパスワードがあって、申し込んだ人が見られる場所っていうのも、他にもきっといろいろあるんだろう。

そんな場所で、大量の創作物が、披露されて「イイネ」をもらっているんだろう。

私はまだニュースでしか見たことが無い、コミケという場所。何万人が来ると言う場所。逆三角形のガラスの建築物が象徴的な場所。運営スタッフは世界的に見ても優秀な人たちだといわれている場所。

そこでも、この日のために命を懸けてきた人たちが、表現している。

そこまで、漕ぎつけろと

精神疾患を取り扱った本によっては、

公募に応募しました  賞を取りました  回復へ向かいました、

の事例が載ってるものもありますが、何千人に一人しか当たらない❝当たり❞をだれもかれもが当てに出来るわけないですよね~。

いや、サクセスストーリーとしては、「わーお、スリリングー、ハッピーエンドー、良かったねー 」って楽しめますけどさ。

病人が ❝当たり❞ を待っているうちに、意識の乖離とかで、正気じゃ無い時にとんでもない危険行為をやって、目が覚めたらもう天国にいた、ご先祖様たち怒り心頭、「うっかりミスにもほどがある 注意散漫もいい加減にしろ 」天国なのに大叱責を受けるなんてことも無いことは無いかもしれません。

精神疾患によっては、夜寝て朝起きただけでも、気分が全く変わってしまう場合がある人たちにですよ

一食、物を食べただけで、気分のベクトルがどこかへ向かって飛んでいくかもしれない、一寸先が分からない症状の人たちにですよ

医療は、病んだ人たちがなんか頑張って、世間から、注目をされるところまで、果たして待てるのでしょうか。

やっと表現する創作物を書いて送ったと思ったら、被害妄想が暴走して応募先を襲いに行ってしまうなら、元も子もないじゃないですか。



ネットで、マイナスの自己開示をしやすい時代に、すでになってると思います。

未婚の人たちが増えることで、問題を抱えていても解決しないまま、誤魔化し誤魔化し、好き勝手、気ままに生きる独身者はますます増えます。

メンヘラは、これからますます増えるってことでしょう。

アダルトチルドレン、ASD、HSP、HSS、HSE、教養が無い私が知り得ただけでも、いくつもいくつも言葉が出てきました。

癒されるためには、衣食住とお友達と家族と薬の他にも、過剰に過激にチヤホヤされる場がないと飢えてもの足りないことを多くのメンヘラが自覚し始めています。

これからの時代、そんなメンヘラはもっと増える気がします。

自制、を、方法は間違ってることがあったとしてもそれなりに教えられていた 昭和 は、終わったのです。

医療は、なーんも、手を打たず、自制と正気を失った患者たちが運ばれてくるのを、いつまでも待ってる、でいいんでしょうかね。これから、それじゃ済まない時代になって行くような気がします。根拠は無いけど。





ロッピィの募金先、九州も入れて欲しいよ。

私の募金手段で、一番手軽でやりやすいのが今のところロッピィなんだよね。

毎年、だいたい3カ所以上は、国内のどっかこっかで、もんのすごい自然災害で都市機能がやられちゃうでしょ。

春、こんな感じでひどい。秋の台風もひどい。真夏や冬の爆弾低気圧もひどい。

それが国内のどっかこっかで、とっかえひっかえでしょう。

そのたびに口座の数字とか、振込先とかネットでテレビで見て書きとめたり、郵便局の窓口で「すいません、〇〇県豪雨災害の募金やってますか……」と、モジモジ頼むのもねぇ、……ここまで生きてくると少々の経験は積んだけれど、……気持ちのスタミナを年々消耗しやすくなった。
窓口行くの、気を張るんだよ。

1カ所に気持ちを送らせていただいた後、2カ所目、3カ所目が出た時に、同じ動きが出来るかっていうと、私たちは難しいし、でも一方で気持ちはお気の毒で心配なんだよね。

私も地震で全国の人たちの優しさを目の当たりにした被災経験者の端くれだから。

ロッピィ、小額から選べる。

上限額が一万円だけれど、もっと出したければもう一回手続きする、という方法もある。ただ、恥ずかしいけどね。

あと、ローソンのウェブサイトでも募金先を見れる。「募金受け付けサービス」というページがある。(リンク貼らないよ。簡単だからね。)……増えてないなあ。





やっと今週は、市販薬無しで、身体に余計な物つぎ込まないで、眠れた

起きた後も、ちょっと眠たい。

暇が出来ると、眠たい。

食事の後は、眠い。


わーい いつもの私の体調だぁー嬉しいぞーう

まだ、全回復とはいってないけれど、私の神経系というか、自律神経が、戻りつつある。

そうだよ。寝るんだよ


アップが遅くなる原因も考えた。

身体が寝落ちしやすくなったこともあるが、

町内と、近隣の町の使い方もだんだん覚えてきたから。

地方の町は、店も病院も公共機関も、営業するものなんでも、早く閉まるんだよね。だから早く動き出さないと、したいことが片付かない。

前の町と、引き続き同んなじだなあ。思い出してくる。安心要素だよ。同じ暮らしが出来つつある。ごめんね。


(5)100%たとえ話『植物星から来たお花星人 お花レモンちゃん』その5

一話目
二話目
三話目
四話目




花びらの中から出ている顔でコミュニケーションを取りながら、元気に花粉を振りまき、花の香りで蜂が寄ってくる、お花レモンちゃん。地球の人間社会に適応しようとしてる。

暖房と水のある家に住み、養分のサプリメントを買うために、企業に入って働きます。



『お花レモンちゃん』は、家の弟妹たちに、新聞を取ることにした。

弟妹たちは、知らない言葉や情報を見つけると、自分たちでスマホやテレビから調べることが出来るようだったからだ。


「これなあに

試しにコンビニで買ってきた新聞を弟妹たちに見せると、中身も見ているが案の定、新聞紙を手で触ってみて、ひらひらと波打たせてみて、興味を持っていた。

『木』という、地球の植物の大先輩の亡骸から出来たことを『お花レモンちゃん』から説明すると、全員、固まって聞いていた。

「人間はね、地球の植物を、刈って食べるだけじゃなくて、こうやって情報伝達にも使うの。『木』は、根から枯らされてしまうんじゃなくて、切り株が残されて、そこからまた黙って、生えてくるの。それが地球の植物の使われ方なのよ。スマホのように、ダウンロードを待たなくても、大量の知識が読めるのよ。社会の中の人たちの、裕福な人たちのことから、貧しくて困ってる人たちのことまで、まんべんなく、知れるの。スマホのように、好きな話だけポチッとして読んで、終わりじゃないの。人間社会のことを知るには、今は新聞のニュースがちょうどいいんじゃないかと思うの。」

「ああ、良かった。新聞になった『木のおじいちゃんたち』は、しんでないんだね

『オシベ』『セント』『ネクタ』たちは、気を取り直して新聞を読み出していた。『ヨウヨウ』は回りをグルグル走り回っていた。

走る時に抱え歩いていたピンクの芋虫ぬいぐるみは、抱え疲れた『ヨウヨウ』の手から、いつの間にかリビングの床に滑り落ちて、転がっていた。

「毎朝、届けてもらうように注文していいわね。」
「すごい。毎朝読めるの
「テレビでも勉強、スマホでも勉強、それに新聞でも毎日新しい勉強ができるんだ
「勉強いっぱいできる



家の中の家具配置を考えた。

リビングは、人を入れるかもしれない場所だから、フローリングのままにする。花粉が落ちる家だから、掃除がしやすい。

水の食事はリビングで飲む。こぼれても拭きやすい。キッチンテーブルなんて無い。

二つ目の部屋の中に、子ども部屋を作る。テレビを置く。家具屋へ行く。引き出し型ケースボックスを買い、弟妹たちの服を揃える。

大判のラグマットを買う。布団が要らない『お花レモンちゃん』一家は、ラグマットの上に6人で寝る。時々花粉を洗濯機で洗う。

『ヨウヨウ』が走り、『メイメイ』が転がって遊ぶので、アパートの下の住人に迷惑を掛けないように100均で、ジョイントマットを買って子ども部屋に敷き詰める。

キッチンコンロもレンジも冷蔵庫もいらない、ソファも、飾りもいらない、ミニマリスト風で、見掛けは人間で言うおままごとのようで、でも満たされてる家。



『お花レモンちゃん』の会社。

後ろから、年若い男性社員の肩を叩いて、中年男性社員たちが小声で忠告してきた。

プリッコが週末の婚活で手痛い敗戦して来たらしい。敗戦はいつもしているけれど、今回若い女性に取られた相手は、海外と日本を行き来する富豪のお医者だったらしい。

「ちょっかい出されないようにな。」
「どうしたらいいかを、うまくやれよ。うまーく。」

「うまくが、さっぱり分かりません。」

「オレたちに都合悪くなく。」

  ……直接の業務連絡をするなと言うことですか

書類を運びながら、廊下で若者と中年の男性社員たちは会話を続けた。

「いや違う。業務連絡して当たり前。しないとか社会人として恥ずかしいこと。」
「オレらも知らない。っていうかどーでもいい。」
「ていうか、ねーねーキミ彼女いるの

「いないです。いりません。」

「なにが趣味なの 車とか

「持ってません。いりません。」

「じゃなに楽しみなの お酒は

「飲みません。」

「じゃ休みなにしてるの どこ遊びに行くの

「遊びません。」

「じゃなにしたいの

「家で自由にします。」

だから意見も考えも無い。社内が協力し合っていなくてもどうでもいいし、関係ない。

「最近増えてるって噂は聞いてたけど、こんなミジンコ系男子って呼ばれる人、本当にいるんだな。」
「今どきの教育は欲とか無くてもいいものとして教えてるのか

若い男性社員は書類を届け終わり、中年男性社員たちと別れて、デスクへ戻るために、扉を開けた。

バインダーとリモコンが飛んできた。派手な音を立てて扉にぶつかってから、二つとも彼の足元に落ちてきた。

鬼のような形相のプリッコが、『お花レモンちゃん』の胸倉をつかんで揺すって叫んでいた。

若い男性社員は扉に手を掛けると、そのまま閉めた。

若い男性社員が戻ってきたのは一時間後。

プリッコは『お花レモンちゃん』を立たせたまま語り続けていた。

「人間の仕事っていうのはね、心と心で解り合って進めるものなの。『お花ちゃん』が人間の心、解ってないの、自分で分かってる

「すみませんでした。」

「謝れとは言ってない はい、かいいえ、で答えろと言ってるの 」

「ブエックシッ………ヘックシッ………」「……ハックション……ハーックション

『お花レモンちゃん』にストレスが掛かると、花粉が増えて、オフィスの社員たちのくしゃみにますます拍車がかかる

「これからもっと分かるようにします。」

「何か月経ったと思ってるのよ プリたちがどんな気持ちで許してあげてるか分かってる どんなに迷惑掛けられてるか分かってる ねえ『お花ちゃん』は自分がハラスメントされてるって思ってるでしょ ねえねえ思ってるでしょ ねえねえ 違うんだよっ なにが違うのか『お花ちゃん』に伝わらないのが腹が立ってしょうがないの

プリッコはくしゃみが出ない。


オフィスの社員の一人が、口をハンカチで覆いながら、年若い男性社員にそっと耳打ちした。

「来月予定だった、ハックション……同じ系列の会社と合同でする案件ね、向こうの社との打ち合わせ資料作りに要るデー、ハックション……タを、もともとプリッコさんに集約するはずだったの。でもしてなくって、……ハーックション………案件担当者もプリッコさんに確認取ってなかったのよね。だから打ち合わせの資料、ハックション……の下準備ができてなくって、午後に私たち全員と上司に見てもらいながら手直しして仕上げるアポを取っ……ハーックションていたのに白紙になって、上司は出掛けたい用事があったのに、わざわざ日にちをずらしていたのに、ハックション……白紙になったってだれも言いに行きたくなくて、プリッコさんが植物星人に責任取らせようとしているの。……ハックション……ハーックション……だから午後は違う動きしてていいわ。」

「ふーん、じゃ関係無い……ハックション……関係無いですね、ハーックション 」

オフィスの空気は、『お花レモンちゃん』のせいにして責任を押し付ける方向で、賛成の空気というか、思考停止することに決定していた。

でも、具体的にどう上司に話をさせるのか、だれも考え付かないので、『お花レモンちゃん』に考えさせたがっていた。そう命ずる役を、全部プリッコに任せて、その場の社員全員が無視を決めていた。

「みんな『お花レモンちゃん』と仲良くなりたいって、だから『お花レモンちゃん』が会社を嫌っても、嫌っても、許して、受け入れてあげていたのに そうなんだよー みんなそうなんだよー だからどうして自分の性格の悪さを認めないの 認めて謝るところから始まるんだよコミニュケーションって 」

「コミニュケーション」の間違いなんて構ってる暇も無く、なにも知らない上司がアポどおり、オフィスに打合せ資料の手直しと仕上げの指示を出しに来る時間が、こくこくと迫っていた。

業務として関わっていない『お花レモンちゃん』が根拠の無い冤罪を引き受けるように責められる、という準備だけが準備されていた。

「すみませんでした。すみませんでした。すみませんでした。」

人間たちの言い分は全面的に肯定しなければならない。


植物星人だから。


植物星人だから。





さかのぼったデータ集めにオフィス全員の残業になった。

身体を動かして気分転換をしたい社員たちと、年若い男性社員が、夕食代わりの軽食を買い出しに行った。

『お花レモンちゃん』は水で食事になるが、新入社員の心掛けとして「行きます。」と申し出た。でもくしゃみが出ない場所で身体を動かしたい人間の社員たちに断られた。


オフィスに来た上司は社員から、するはずだったことができない説明を聞き出しながら、くしゃみを連発した後、『お花レモンちゃん』がみんなにくしゃみをさせるせいで、業務の連携が取れなかったという理解に落ち着いた。

社員の結束の足並みを乱す責任を痛感するように、とかなんとか『お花レモンちゃん』を叱責した後、事態を修正するなんの指示も出さないまま、いなくなってしまった。


電灯やビルや行き交う自動車のライトで明るい夜の街を歩きながら、社員たちはプリッコの話をせずにはいられなかった。

「こうやって、だれかを巻き込んで感動巨編舞台を作っちゃったんだよな。」
「担当のターゲットをだれかに注目させて怒らせてから、心を入れ替えるように迫ったり、自分だけいい人になって恩を売るとか。何人も。」
「そう。感動巨編の主役になりたい。しかもみんなで舞台をしたい。」
「10年前からずっとだ。寂しいんだろうけどこっちは大迷惑だ。」
「帰りたい。定時に帰りたい。」
「また帰りたい、をみんなで言わなきゃいけないなんて。植物星人のせいだ

『お花レモンちゃん』が目立つから。プリッコが絡みたくなっちゃったじゃないか。

植物星人のせい。悪いのは植物星人が会社にきたから。



10年前、コミュニケーションスキルが高い社員がいて、酒の席でプリッコから聞き出した発言があった。

すぐにはばれない業務をわざとしないでいたり、連絡を回さないなどして、集団でターゲットを責めるように仕向けてから、ターゲットを辞めさせたり、病気にしたりした履歴を、

面白ろおかしく順番に並べてから、「首謀者はぜーんぶ、プリッコちゃんだね すごいね 怖いね 」と、おだてて調子に乗せるマジックを使って見せたのだ。

「わたしは知り合ったらみーんなのこと知って調べて構って食べちゃいたいの きゃはっ

プリッコは、珍しく自分の有責を認めた。


これは、伝説に残る爆弾発言として、スキルが高い社員がいなくなったあとも社員に語り継がれていた。

そして、彼らが軽食を買って会社に戻ると、

プリッコは、退勤していなくなっていた。





深夜。

会社から電車に乗って通う距離に離れている『お花レモンちゃん』一家のアパートに、人影が近づいていた。

ガシャガシャン……ザラザラ……大きな缶と、缶の中から粒状の物体が立てる音が響く。

人影は、大きな缶を持ち歩いていた。

「『お花ちゃん』に犯人扱いされたの~ 責められたの~ えーんえーんえーん………ウフフフフ……大事なお仕事仲間の『お花ちゃん』の大事な物を壊したりしないよー……ウフフフフ………除草剤持ってても、ただのお塩持ってても、プリじゃないよ 信じて アハハハハハ………みんなとの話し合いを助けてあげたじゃん。他の人にあなたからなじんで行かないから構ってあげたのに………アハハハッ……そんな恩知らずなんだあ……アッハッハッハー 」

妄想が暴走したプリッコだった。
自分でトラブルを仕掛けておきながら、『お花レモンちゃん』にこれから言い負かされるかもしれない、報復されるかもしれない、という被害妄想も同時で膨らんでいく。

妄想の恐怖の自給自足、その結果………………