雑談4つ

🏥ハイター(塩素系漂白剤)消毒の季節

風邪が流行りますね。インフルエンザワクチンも受け付けていますね。ノロウイルスの殺菌や予防法は、漂白剤による消毒ですね。

私たちが私生活で出来るわけ無いじゃないですかー

…という本音はあっても、小さめボトルがあると便利です。

大きいボトルのハイターは余してしまいますが。(ダッテ安かったんだもん……安かったんだもん……)

普段のお掃除ができない私たちの家の隅々は、残念ながら汚れが溜まる宿命なので、汚れによっては早く取って、消毒もするのに便利です。違う洗剤で根気よくこすることは、どちらかというと苦手でしょ。私たち。


で、外のお仕事では、消毒を教わったり、やったり、見たり聞いたりしていると、要領がそれなりに分かってきた。

で、ちょうど小さな悩みがあった。

頭皮の毛先を丸めるヘアブラシで髪をくるくるする時、当たった肌がずーっとかゆくなる。

出勤しても、仕事に集中できないので、かゆみ止めを塗ったくっていた。

でもくるくるして押さえないと私の髪はあさっての方向へどこまでも曲がってはねていく。使わないと外へ出られない。

資源ごみをあさる。カップ麺の空き容器、水洗い済みがあったー。

漂白剤ちょっぴり、ペットボトルキャップに一杯くらい 水ひたひた近くたっぷりでのばす、そこにブラシを2時間漬け置き。

水洗いして、水を切って、容器は捨てて、ブラシにからまっていた髪の毛を大量に取って、一晩乾燥。

やった 肌がかゆくならない。効果続行中です。

髪の毛の切り口には黄色ブドウ球菌などがいると聞いたことがある。ブラシにどんだけ潜伏していたことだろう。

そんなのや、あんなのや、こんなのを、たぶん消毒してくれたようです。




あるいは子どもの時から染まれるなら……


前記事の、雑談の中に、良家の子女が集まる当事者会なら……という妄想の話を書いた。

良家の子女、大人たちの中に染まるなら、ホラーなまずいことになっても、

もしも子どものうちからだったら……

いわゆる優雅な「御学友 」みたいな形だったら。

私は今ほどバランスが悪い、飢餓感がガツガツした二次障害にはならなかったのかもしれないね。


でもなぁ……子どもの時を思い出すと、私、年上が良かったのかもしれない。

お手本を見て、適応的ないい子な態度を取って、遊んでもらって、褒められる場所ならたぶん私、好きになったかもしれない。

どこまでも、

ASD/ADHD系は、上下関係が好きで適応しちゃう、んだなあ……と。

どんなルートをたどれは、トラブルと二次障害を最小限にして、主体性と自律の力が身に着けられるんだろう。
(主体性ばっかりでもオレ様になって危険だから、理性で自律もしなきゃならないでしょ。)

いくら軽度当事者は上下関係が好きでも、

いくら軽度当事者は探り合って語り合って理解し合って、対等か、フェアか、気を遣うようなことが面倒くさくても、

カルト宗教のような関係に頼ってはいけない。

いくらオファーに応えてくれたとしても。

安い依存、理解の振り、ペットを手なづけるような目的でしか無い支援ごっこなんて、私たちは買わない。

“自分”の価値を、目先にいる、”自分”が無い人に売ってはいけない。

そんな醜態を、私たちは、若者やこれから社会へ出てくる子どもたちには見せられない。

たとえ正式な、病院やセンターで、救済されなくても、

“自分”の価値、尊厳、売らない。差し出さない。


どんなルートをたどれは、トラブルを最小限にして、主体性と自律の力が身に着けられるんだろう。

どんなルートをたどれば、お手本に付いて歩くことが好きな子が、トラブルを最小限にしながら、付いて歩くことを卒業できるんだろうね。

力試しとか、自立の試練、とかの名目で、自力でこなす課題を与えられたら、私ならトラブルするし、

負荷がたくさん掛かる指導は禁止の方向の、平成、令和の教育や、支援などでは、トラブルを処理し切れないかもしれない。

教育先や支援先は、軽度当事者に、冒険はさせられないかもしれない。野良レモンでもきっと嫌だもん。逃げたいもん。

どんなルートをたどれば、冒険無しで、できれば机上の予習で、リスク無しで社会適応が成功するんだろうか。

そんなルートを、どう短文に縮めれば、長文が苦手な親でも、若い親でも理解して実行できる、簡単で、単純な、コンパクトな子育て方法に出来るんだろうね。


ASDを優雅にバランス良く育てるって、コスパ掛かるのね~

ASDは、家具でも家電でも、自分に最大公約数的にマッチする物が、

極端とは言わないけれど、ある程度、品が良くて丈夫でいい物、でなければならないことがある。

たとえば家電でも、海外製品だと何故かぶっ壊してしまうから、国内製に限るとか、そういうこだわりを持つASDは多いはず。


旅の宿泊も、「お風呂何時に入りますか 」など、ざわざわ話し掛けられる小さい旅館よりは、

「起こさないでください」の札をドアノブに掛けられる、折り目正しいいいホテルが好きな当事者たちがいるはずだ。
(野良レモンはネットカフェに適応できた。私は清潔で優しいなら小さい旅館もありだよ。)


問題はASD/ADHD系の持つ二次障害だ。これは議論がぐるぐるすることがある。私も解決方法が欲しいが、この議論は苦手だ。

自意識が過剰に高いくせに、実行能力が低い傾向の私たちは、どんな成育環境なら二次障害少な目を目指せるんだろうか

「お前は特別な存在だからね。一日3時間しかみんなと勉強しなくていいからね。特別で天才な人間は、特別な生き方をすればいいんだよ。」
「ハイ オトウサマ、オカアサマ わたしは他の人達よりも考え事がたくさんしたいのです
「高尚なことを考えるのが苦手な人たちが、たくさん授業を受ければいいのですよ そういうことは適した人たちにお任せしておきなさい。」
「ハイ オトウサマ、オカアサマ ネットサーフィンをしていても、ネットゲームで友人と交流していても、わたしは世界平和のことなどを考えてしまってしょうがないのです
「まあ ステキなことですこと
「わたしが世界のためにできる使命はなになのかしらって……


過敏反応を起こさないで穏やかに会話できるオトウサマとオカアサマと向かい合って、ホットミルクなんかも湯気を立てていて、お膝にきちんと手を揃えて置いて、長時間、言葉多めのお話が毎日できて、

皿洗いも、翌朝の炊飯器セットも、洗濯物の取り込みも、気にしないでいてもいつの間にか、メイドさんかだれかがスルスル済ませてて、

自己否定せず、思考や感覚が満たされることばっかりをして、夢のように1日が終わって、21時くらいにはお薬を飲んで充分に寝られる生活。

うーん。

ネット用語はあまり書きたくないけれど、『ちゅうに』病を肯定してもらえるような生活をしろってことだろうか

野良レモンは、こんな文を書いていてナンだけど、『ちゅうに』病の世界には住みたくないぞ。見聞きは面白いけれど。




人工甘味料の潜伏先 一部の液体咳薬


ドラックストアで、なにげなく液体の咳の薬の原料を見た。

あった。アステルパーム アセスルファムK ほら、液体の美味しい薬には、入っているんじゃないかと思っていたんだー。

もちろんその場では、液体をスルーして、錠剤を買った。

で、帰宅して、薬の会社の検索をした。あれ、人工甘味料、原料に載ってない。検索の仕方を間違えたかな。まあいいや。

また今度、ドラッグストアの現地で、現物の箱を見てみよう。


話は変わる。

飲み物の話だ。野良レモンは、ここ2年くらいで、紅茶やコーヒー、ココアなどの飲み物は、インスタントの袋からスプーンですくいだす物から、

少々お高くなっても、スティックタイプの物に切り替えてきている。

エコにも優しくないことは分かる。

でも並行して、悩み事や、納得いかないことや、忘れたことが無いように思い返していることを頭が考え続けてしまうと、手元が狂うようになってきた。

落とす、こぼす、飛ばす、踏んづける、大っ嫌いだ。出勤前になんの生産もしない手間をよくも作るよね私。

だから、一回分ずつのスティックにしたら、失敗が格段に減ったのだ。スティック袋はちゃんと資源ごみ袋にだしている。ごめんね地球さん。


で、今度はスーパーのスティック飲み物コーナーで、箱の原料を見て、人工甘味料をチェックして来た。

甘さがある物は、全部入っているじゃないですかー …って気がしていたけど。

だから、初めてコーヒーは、ブラックのスティックを買ってきた。原料も本当に、コーヒー粉、しか書かれていなかったもの。

あと、カフェインレスのも買った。カフェインレスブラックコーヒーや紅茶のスティックも、作ってくださいよ 
欲しいよ

仕方が無い。粉のインスタントコーヒーに、白くない砂糖と、牛乳を入れる手間に、妥協しよう。

それから、ココア、抹茶オレ、イチゴティーオレ、あと、オレじゃないフルーツティーなども、美味しくてやめがたいから、

たまーに飲むのは妥協しよう。冬が来る。飲み物で暖まらないと、脱水になる。凍える。

でも、白湯の割合も、増やしていこう。仕方が無い。




昼寝の夢の話 


私が、(過去記事参照)ワクワクお祭りイベントから帰宅すると、甥姪のうちの一人が家の中に来ていた。

私は、弟夫婦からこの赤ん坊を預かったような気がしていた。赤ん坊を預かったことを忘れて、外へ遊びに行くって私どういうこと

なんて危ないことしたの私

なにかあったらこの子は自分で自分の身を守れないじゃないの

と、焦りと反省でびっくりして、夢の中なのに動悸がバクバクした

苦しかった

赤ん坊でもスプーンを持てるので、なにかピリ辛の味付けがしてある豆腐、を食べていた。

あらまぁ、お豆腐一品だけなんてそんな質素な。私がまだまだ美味しい物くらい用意してあげるのに

麺でも、お肉でも、食後のスイーツでも、これからすぐ用意してあげるってば。

と考えていたら、弟が立派なワゴン車でこの子を迎えに来た。

なにか会話していたら、目が覚めた。



疲れた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント