苦しいそしてやめられないよ?

大きな手鏡を日常から持って

自分を写しながら、みっともなくないか、人から好感をもたれるにふさわしいか、

チェックしながら生きているようなもの。

これが、野良レモンたちの二次障害。

たとえ他人様たちから、干渉されても、放置され無視されていても、

ガチガチにりきんで、疲労で麻痺し、傷ついて生きる。

しかしその画像は、正確に見えていない。そのビジュアルは歪んでしまい、読み取れていない。


だから、自分以外の人が、一緒に鏡をのぞきこんでくれて、指をさして

「ほら、ここがこう写っているから、これはあなたの自己努力の結果だから、成果は出ているから。」と、

日々、説明をしてくれるのが、本当はとても助かる。

実は、話好きな人の、雑談なんて、かなりの割合で、そういう目的なのではないだろうか。

しかし、私たち中途診断二次障害野良当事者団には、

その目的は叶わない。

自力で、知的で誠実で聡明な雑談相手を、手に入れる能力が無い。

“支援”として契約されないと、私たちに救済される順番は、回って来ない。