「ドーパミンが少ない」とは。脱線しながらでも改めて考える。

ドーパミンが少ないということ



先週の記事で(前置きを書かない)うんぬんを気を付けた話を出したけど、

今日はとっとと前置きの話に戻ります


ドラッグストアで神経系に効きそうな市販品錠剤を入手してきた。

「女性ホルモン」「不安」「不眠」「高ぶり」「怒りやすい」などの言葉が箱に書いてある。商品名は書かないよ。

そこに、「ヨクカンサン」の字も目に飛び込んできた……。

はあ、ヨクカンサン……そんな漢方が存在することは、雑学知識としてはやんわり知ってた……。

確か、興奮のなんとかが肝臓に溜まると漢方では考えられていたから、溜まらないように散らして流してくれるとか

しゃーない、調べればいいんでしょ。 あ と で 。

そういえば軽度当事者の人でも使用してたと書いてた人がネットにいたことも、うっすら覚えてる。何年前だろう……

私、とうとうこれに出会ったのか……。

主症状は時々ぶり返す不眠や動悸なんだけどな……「怒」っては、いないんだけどな……

でもここのメーカーの薬は割と好き。

感想は、……症状が根っこからは無くならないけど、今のところ、やんわり効いてる気がする。




ドーパミンが足りないということ

幼少時から養育者から共感を受けても、快につながるアクションを受けても、

ドーパミンが不足してることで、一貫した成功体験を積みにくい、という言葉をネットから読めた。

改めて、そうだね なるほど~


結果、意思の決め方が、アドレナリン中心になる。

だって、ドーパミン出る前のファンファーレみたいなのがアドレナリン、なんじゃないの 違う 私の勝手なイメージ。

成功体験の前の、挑戦の体験ばっかりを積んで、次もまた挑戦を追い掛けてしまって、

ファンファーレばっかり、よーいドンして、スタートダッシュばっかり、

で、

注意散漫とか、臨機応変さの低さや、想像力の不足で、毎度おなじみの失敗ばっかりをする。

成功を知らなければ、自己肯定感は上がらない、という

私たち毎度おなじみのオチが付いてくる。


褒められるということに、欲求が湧かなくなれば、

次に反応出来るのは、恐怖の体験に対してだ。

挑戦したくなくなる。だって嬉しくないもの。

「世の中そんなんじゃ通用しない 世の中は厳しい ナメるな 勝てるまで挑戦し続けろ 学校を休むな 応援してる人がたくさんいるのだから転んでも諦めずに起き続けるのだ 裏切るんじゃない

信じて、信じて、信じて、嬉しくなくても起き上がり続け、勝っても喜べなくて、どうしてか分からなくて、その結果、精神疾患に陥った軽度当事者は大量にいるだろう。


世の中にたまに、褒められるとポカンとして動けなくて、怒られることでやっと動ける人間が存在するのは、

親の養育に特に不足が無いならば、

そういう経緯もあって出来上がってきたのかもしれないよね。



社会生活をするときに、褒められる経験を積んでない、分からない、知らない、だと、

『成功』ってなんだか分からなくて、生活を作れなくなって、

職場で積んだ経験量があっても、量に相応しい能力が上がっていなくて、肩書や、信用度や好感度も上がって行かなくて、

メンヘラになっていって、脱落する危険があるでしょう。

そんな時に「もっと頑張らなくちゃ 」といくら奮起したって、

脳が向かっていける行動が、『挑戦』しか無い。それしか知らない。

アドレナリンをドーパミンと間違える勘違いを、何年も、何十年も、私たちはし続けてしまう。



生活のほとんどが『挑戦』で占められてしまうだろ

だから、私たちには診断と支援、指導が必要なんですよ。




スピが危険なのはたぶんそこ。

首根っこつかんで病院やセンターに連れて行かなくてはならない人にも、

「親孝行しましょう。善行を積みましょう。感謝がキラキラ と沸いてきます。」と言い切ってしまえるかもしれないからだ。

人に誘導されてとりあえずその場では安心感を感じてしまえるから、

一人の生活に戻った時に不足している脳内物質の間違いに、いつまでも気づかないでいられてしまう危険があるからだ。

たぶんお酒、嗜好物全般にも同じことが言える。



スピのいいところは、医療的なこと以外での、生活の立て直し方を徹底的に教われる場所があることだ。

スピの全部の場所じゃないよ。あくまで、いい場所では、いいことを教えてもらえるんだよ。

嗜好物の依存を取り除くことも、「いただきます」を言うことも、バランス良く食べることも、なるべく朝日と共に起きて光を浴びると良いことも。

野良レモンは、長い説明が好きな当事者だから、スピのネットから懇切丁寧に教わった。




話を戻す。


『成功』が当たり前で、反応できないくらい興味を感じられなくなる。


軽度当事者の一部に、高慢と評価される人たちが出るのは、原因は複数あるかもしれないが、そういう原因も絡んでいるのではないか


野良レモンは自分をどう客観視しても、『成功』して当たり前だとは思えない。だから思っていない。

『100点』を当たり前には取って来れなかった。

だからって取れるように毎日予習復習を頑張る行動も取れなかった。

親に叱られても……。



他人が引っ張ってくれて、他人がたきつけてくれたことなら、楽しいと思えた。ずっとこんな時間が続いて欲しいと思えた。

自分自身とか、自分一人では、楽しさが湧きづらかった。

文字通り、ドーパミンやオキシトシンが少なければ、またはASD特性で出づらければ、

たしかに快楽の体験が積みづらい。

成功体験が積みづらい。

だから、私は本に逃げていた。本は読み進めれば、私の気分を誘導してくれるから。


そんなぼんやりした私に、親は諦めないで、「楽しい」「嬉しい」「良かった」「ありがとう」などという気分を持つようにと、厳しく指導した。

湧いてこなくても、鈍くて感じられなくても。

世間一般では、普通はこういう時にこう感じるものなんだ、快の感情も感謝も持たないと駄目

私はそう聞こえた。今思えば、ありがたく感じて、感謝するべきことだ。

親はそんなつもりじゃなかったかもしれないけれど。


獲得していなかったら、

快を感じる感覚を持たないと駄目

快を前提にして感謝もしないと駄目

「形」から教える、という技を、昭和だから情報無いから手探りで、親は私に教えたんだと思う。



今は、こんな体験をコピーしないでください。

ちゃんと病院やセンターの相談先に掛かってください。

手術をする時には麻酔を使って当たり前です。

専門的な人に、やわらかい平和な言葉で、分かりやすい指導を、最小限の傷で受けてください。




そろそろちゃんと本屋へ行って調べなさい、と自分突っ込みが聞こえてくるよ。(幻聴じゃないよ )

まだつらい。

今の町から、少しずつ隣町へ車で出かけているけど、初めて走る道、初めて通る街並み、

目的地へ行くために、仕方なく走る、車が多い市街地……

聞かれてないけど細かく書くと、そんな近隣の町の一部は、初めてじゃない。何十年ぶりに走る街、走る道もあった。

でも、何十年ビフォーアフターですぜ。街の中はごっそり変わる変わる。

むかし見たことも無かった有名チェーン店やファミレスが出て来て、キラキラ してる。

寄って、食べてみたいよ。テイクアウトしてみたいよ。

でも四車線以上になると、もう萎えちゃうの。寄りたくない。ウィンカー出したくない。

そうして帰宅した後に、気は紛れて楽しかったんだけど、眠気が来ない夜が始まるの。ワープして来たかのような何十年の月日を、いつの間にか思い出し続けているの。

だから、市販品の薬を使うの。自分の力で眠りたいけど、もう努力で出来る年は終わった。仕方なく薬に補助してもらう。

今どきの市販品は、依存性が無いのね。

毎晩頼ることは無く使えてる。時々、飲むのを休める。これを、もっと飲まない日にちを開けていかないと。




はい、話を戻す。

脳内物質に。


HSPで繊細な人の存在を知らせる本が推奨してること………
(読んでから言いなさい、と怒られることです。だから著書名は出さないよ。)

助けを求められてから助けましょうって……

世の中の皆さんがそんな助け方に真面目に徹したとするじゃないですか。


私たち軽度当事者は、どちらかというと助けられる側のほうなんですよ。ええそりゃもう何回も。日常から何回も絶え間なく。

私たち、軽度当事者はそれじゃ足りないんですよ。「助けを求める」って段階を真面目に踏んでいたら。身を守るに、足りないの。

襟首つかまれて引き戻されてから、やっと赤信号の道路を渡りかけていたことに気が付く、かのようなミスを、

生まれてからずっと日常でやらかしてきましたから。

平時からぼんやりうっかりして自分を危険にさらしてしまうから、外から、他人のほうから、気付いてもらって救われることが無くならない。

例えですよ。例え。例えですからね。交通法はベストを尽くして守ってるつもりですよ。


私たちの一部が、先回りして人を助けたくて、落ち着かなくなってしまうのには、そんな経緯もあるかもしれない。

自分が助けられてきたから。

助けを求められるまで待っていたら、足りなかったから。恐ろしい目に逢ったから。


このように、世間一般のノウハウが、私たちには通用しないことが多々ある。

そういう現実に出くわすたびに、私たちは震え あがり、こんな自分たちの運命に怒り、悲しむ。二次障害が反応する。


説明を受けられればいいんだけどね。詳しい説明を。

「自分らはうっかりした時に、他人さまから気付いて助けてもらうことが多々あったけれど、自分らは特殊な枠に生きている軽度当事者だから仕方が無い。世の中の多数派の人たちは、こと細かに助けたり守ったりしなくても、自分で危険に気付くし修正していける。自他の区別を付けよう。だから会う人、会う人をこと細かに助けなくていいし、『助けて』と頼まれていないことを先回りしてしなくていいんだよ。助けなくてもだれからも憎まれることじゃない。健康的な人は、憎んでこない。特にHSPを持っているなら、日常からの細やかな人助け行為が、神経的な負担になって蓄積していくから。健康を損なう危険な癖になってしまうから、時と場合によって選びながら半減させていっていい。」
………etcetc………

こんこんと、くどくどと、今までことあるごとに説明を受けられた人生だったら、どんなにか私たちは楽に健康的に生きられただろうか。どんなにか思考の負担が減って、適量の思考で暮らせてきただろうかね。


人との距離感がつかみづらい私たちは、忘れられない怒りと悲しみと二次障害を抱えながら、社会で、ネットで人に会うだけで、

パチンコ台の前に座ったかのように、自分の思考、思想、全てを賭けて過剰にこだわってしまうことが出てくる。

会う相手が、特性が近ければ近いほど、防衛機制がフィーバーして作動する。ことがある。


だから、こうして書いている野良レモンにも、これからもアンチは出来るんだろうなと想像する。

ここの読者の中の多くの人ならおなじみの、『あの掲示板に書いた自己責任』説は、中毒症状として生きていってしまうだろう。コメント欄を開いてたら絶対、湧いて出てくるんだと思ってる。それがSNSですよ。

SNSは、会話したら戦争が始まる。




ここで防衛機制の復習です。

防衛機制とは、危機、困難、苦痛、そんなのが複数と、出くわす状況、

つまりは『すごく嫌な時』に、無意識に作用する心理的メカニズム、みたいです。



「抑圧」…今、野良レモンが陥っている状態かもしれません。

「身体化」…身体症状に出ちゃう。たぶん野良レモンは軽症のうちに対処しなきゃなんない。

「合理化」…自分に負担が無くなるような理屈や理由を付ける。

「同一視」…自分より能力が高い人の真似をして同じレベルになったかのような気分になる。

「投影」…自分の感じている感情を、相手が感じていることにしちゃう。

「理想化」…救済して欲しい相手に、自分の都合良くヒーロー化した内容の理想を押し付ける。

「反動形成」…抑圧してる感情や欲求と正反対のことをしちゃう。

「転移」…嫌なことの原因を作った者とは無関係な対象を憎む。『可愛い有能なムチュコタンが不遇で不幸なのはこの嫁のせいだ だから他の不運も全部嫁のせいだ だから敵認定だ 』

「逃避」…しなきゃならないことから逃げて別のことをしちゃう。

「退行」…赤ちゃん返り。

「代償」…代わりの方法で満たす。

「昇華」…悪行で人から注目されるわけにはいかないから、なにかで優秀になって注目を集めようとする。



ここの読者のみなさんにとっては、たぶんかなりおなじみの単語が並んでいるでしょう。

解説の必要も無いかもしれません。

「まだ種類あるよ。書き忘れあるよ。」とも言われるかもしれません。すみません。

世界中で研究されてるので、どうもいろんな人がいろんな言い方を増やしたり合体したりしてるみたいです。

野良レモンにとっては 3つ以上じゃないのよ覚えきれないわあああぁぁぁー


日ごろから、私たちのような立場が弱い者たちに向かって、マウントを取ってこようとする人に対して、私たちが無意識に自分を防衛してるかのような言動を取ってしまったら、挑発したつもり無いのに、怒り狂うほど激怒させて興奮させてしまったりすることあるんじゃないでしょうか そういうの怖いですよねぇ

防衛機制は人同士が寄るとさわると、お互いにやってしまうもののようですね。

私たちにとっては、マウント取られて脅されて不利にされる事態が怖い、

相手にとっては、私たちが泣き寝入りして黙ってマウントを取らせてくれないことが嫌だ、

だから知恵を駆使して戦争が始まる。

ネットで乱暴に使われている言葉でいうと、別名≪脳内変換≫ともいうやつの元なのかねぇ……


私たちは、リアルの現実世界で生活することを諦めるためにネットに繋いでいるんでしょうか

中毒症状をいつまでもリアルの現実世界でも引きずって、正当化すること、正しいでしょうか

若い次世代も自分たちを見習って、同じように、中毒や依存に浸る生活をして、野生のサルのように身の破滅をして生きないと、叩いて罰したいですか


したい人もいるかもしれません。


でも、少なくとも、私は選択したくない。

私は野生のサルじゃない。人の文化に育てられた、霊長類の人間です。

能力が揃っていないから、たまたま『キャント イート アップル』になっただけですよ。

私たちは自然に放ったらかされた成長の中で自動的に学べないんだから、意識して学びたい。

『キャント イート アップル』でも、自尊心や、自分をちゃんと統制することを知って誇りを身に着けたいなという、意志を持つ。難しくても憧れてる。



最近は、芸能人の極端すぎる不祥事で、テレビからもネットからも、人間の隠し持つ、野生のサルのような側面が叩かれています。

成功するタイミングと能力に恵まれ過ぎると、たぶん夢のようなことがもっと叶い続けてしまうんでしょう。

欲望を満たすためには、異性たちなんて小屋に鎖でつないだ家畜どものような使い方をすれば良くて、要らない時はエサを与えないし、無視すれば問題ない、みたいな視野狭窄に陥ったのかもしれません。病気です。

成功のし過ぎも、中毒に陥る危険がある、ということなのでしょうか

でも私たち『キャント イート アップル』には、あまり関係無い話かもしれませんので、思考が深く囚われたり、気にしたりする必要は無いんじゃないでしょうか。(ほーら、私たちって、楽ちんだねぇ 温室のような安全な楽園に住んでいる。出なくてもいいんじゃない )


私たちが危険なのは、自由で身を隠せるネットで、成功が無いままパチンコ台の前に座るように人と会い、

玉をパチンコ台に突っ込み続けるように、成功が無い当事者同士でも防衛機制の衝突の興奮に溺れ、

『砂糖って甘いんだなぁ』のようなよりどりみどりの挑発でも興奮し、報われないアドレナリン中毒に落ちぶれること。

そして、社会の偉くて賢い人たちからナメられ、いじめても反撃して来れない大人の弱者たちとして、

リタリン処方停止による大人の発達障害は『いない人』扱い事件のような仕打ちをまたされること。

次は定年の延長など、法の目をかいくぐる細かいことで、

私たちが生きづらく、生きづらくなるように、逆らえない『変更』がなにかブッ込まれてくること。これが危険。




『キャント イート アップル』は、野生のサルに落ちぶれません。

自分の意志で自尊心を持って、自己統制して、現実世界で生きるんです。





最後の納金通知書が来た。

悔しいから、あえてここに書いた。

あの、むかしのPHS型、カード型アンテナの悔しかった件だ。

過去記事から探せない

あ、なら、いいです

「ちょっとなに言ってるか分かんない」状態でもいいです

無理して読ませてしまってごめんなさい。





かの北の頑なな国は、つくづく一般的な感覚が通用しない国だなと。

普通、他人との共有場所を爆破しようなんて発想は湧かない。どこの国も発想しないと思う。

爆破に至るまでの経緯があったことは、ニュースで見てる。

それにしても、普通が通用しない国だね。

北の将軍さまの妹さんが動いてる。

いつもの上から目線風微笑み。つくづく怖いと思った。


ちょうどいいのは化粧だけだ。

世界の流行りにに流されない、目の周りをゴテゴテさせない、チークも強調しない、極限まで減らした薄化粧。

私は、化粧はこんな最小限の整え方でいいと思ってた。

目の周りになにかしようとすると、私は目に刺さりそうになる。刺さらなくても不器用でたるみの皮が引っ掛かりそうになる。

無理してカリカリ縁取りを書いた日も、かゆくなると無意識にこすりそうになる。

だから、化粧があっさりし過ぎている妹さんを見ると、もうこれでいい、と思ってしまう。



その他は全部怖い

微笑みの下に獰猛な野心の塊を隠してそう。


もうさ、北の若い将軍様が出て来れないのを隠すのは、限界があると思うよ。

公開したらいろいろがやりやすいと思うんだけど。

でもそういう発想を、しないんだろうなあ





テレビじゃなくてネットで発信する人の考え方として、アンチもいたほうが、発信者を意地で見届けようとするから、アクセス数が稼ぎやすくていいことがある、という説があるそうだ。

いやいやいやいやいやいや

怖い怖い怖い怖い怖い

怖い怖い怖い怖い怖い



アンチというのは、「嫌って来る人、反論してくる人」ということでしょ

そんな、そんなHSP部分がガチガチに反応してしまいそうな怖い人たちの気配を感じたら、

私のコンディションはどこまで下がってしまうのだろう。

コンディションが下がると、今度は軽度当事者部分が反応して、不注意や注意散漫が元気に増幅されて、

仕事はもちろん、日常生活ごと大変なことになっちまう

私はそこまで我が身を捨てられないなあ……。

我が身を捨てる腹が決まった人が出来ることじゃないだろうか。

そんな戦争のような世界とは縁の無い、干渉されない、温室のようなエデンのような、楽園の中で安心して眠っていたい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント