雑談ふたつ

 ゴミ出し

最近のある日、よくやるけど、寝落ちしてしまい、昨日の服を着たまま朝になった。

上からジャンバーを着て隠した。ゴミを出す。「おはようございます。」先輩同僚と笑顔であいさつ。

戻る道。毎日の習慣でジャンバーのチャックは上から15㎝で止まっていた。

見事に襟首から昨日の服が………

ズボンは今日着るものに変えたのに。朝、目覚めた時から、手順を頭の中でシュミレーションしていたのに。

顔も洗って髪も縛り直したのに。

もう身支度って嫌だ。失敗するから。

だからゴミは夜中に出せとあれほど


ゴミステーションへ行く道の視線上に、車がある。

並行して違う予定のことを考えていたら、ゴミ袋を車のトランクに積み込むイメージが流れてきた。

“勘違い”ってやつだ。

他のことばかりを考えているから、次の行動内容を私たちは勘違いする。

ネットには、作った料理をシンクに間違ってぶちまけてしまった話などがたまに上がる。


自分のキャパにちょうどいいサイズのルーティンばかりだと、日常生活は回って行かない。

だからって違うことを思い付くがまま、自分以外の人間から求められるがままにしてしまうと、思考のレールを踏み外して、私たちは脱線事故を起こす。

楽しくもなんともない。

若い時から繰り返してしまうと、他人から怒られるのは当然として、自分に向かって怒ることにも、もう疲れてしまう。

でも、記憶は消えない。

切り替えることにも疲れる。

他のことを始めても、記憶がまだまだ残る。再生が繰り返される。

もし成功しなかったら、という恐怖がぶち込まれたがために、失敗していなくてもショックを受ける。

そしてショックから立ち直れなくなるのだ。


気分変動が多少ある当事者は、病的じゃない範囲の躁鬱の波を待つこともある。躁になれば、いくらか行動できるからだ。

でも、野良レモンはそういう波に当たり前に頼ることにも疑問を持つ。

軽度当事者でも、躁鬱病じゃない人は、躁鬱病じゃない。

そんなリズムは、女性には特にあるのかもしれないけれど、積極的に波に乗るのではなく、逆に乗り過ぎない、落ち過ぎない、方へコントロールすることが、大人の心掛けではなかったのだろうか

生活の内容をコントロール可能な量に、抑えることが、基本ではなかったのだろうか

だから、知識を集めるのに、パソコンが生活に入ってきたのは、とても便利なことであった。

図書館へ行くのにも、過去記事に書いたように、私たちは身体、顔、髪の身支度を乗り越えなければならない。

本を買うと場所を取り、引っ越し時に非常に重くなる。長期間放置されるので、荷造りの時に埃が上がり、くしゃみが止まらなくなり、思考停止してやめてしまって進まなくなる。

知識人の講演を聞きに行くのでも、都会へ行かないと、講演案内パンフすらも見つからない。

新聞を取ると、縛れなくて山積みになる。半分以上が読めなくてもったいない。

だから、インターネットには救われた。

回線を取得する時には今でも思い出すぐらい、ひどい不便な思いをしたけれど。




貧 乏

貧乏な学生時代の夢を見た。

お金が使えない。無くなるかもしれない。不安でドキドキしていた。

卒業式。クラスメイトで、手弁当で、水筒に水、の節約を頑張った人が近くに座っていた。

緑のおしゃれカットソーのクラスメイトの背中に、「えらかったね。頑張ったね。」と声を掛けた。けれど、上から目線の言葉になったかもしれない。後で悩んだ。

でも、クラスメイトは聞き流していた。

私はこのクラスメイトという人が本当の意味で見えていないのかもしれない。このクラスメイトも、そこにいるのが私でも、違っても、どうでもいいのかもしれない。自分はどんな人の側にいたいのが願いなのか、だれも分かっていない女子たちの集団。

なんかすごいSF的なデザインの駅に入って行って、解散になった。こんな駅には行ってみたい。

目が覚めた。


私は弁当なんて作れなかった。コンビニなどで、いかに安い物を組み合わせて買っておくかに頭脳をフル回転させるのが楽しかった。

あのころは、私たちは、他人の言葉なんてあまり気にしていなかった。聞き流していた。

100人以上の学年。卒業式には80人台になっていたんだったたろうか なぜか。退学だ。

大部分が、自分の鏡になってカッコいい自分を映して評価してくれる人を、なにも成し遂げていないくせに、求めていた。

そして、不満でグダグダしていた。

お互いのことは、スルーするか、軽蔑してるくらいで、だから、密着し合っている友達グループの中の話題は、グループ外の人の陰口だった。

でも、陰口を言うアテクシもイヤ、したいのはそんなことじゃない、誘わないで、でも離れないで、気遣って、でもお礼を求めないで、嫌うなら消えて、見えるところへ出て来て嫌わないで、でも見くびらないで、でも現実全部嫌い………
みんなみんな催眠術師。アテクシを支配して振り回すくせに。みんなみんなが全部敵。全部嫌い。変人は敵。優等生も敵。美人も敵。
でもアテクシは嫌われ者じゃないんだからねっ ………

……の大集団。

どんだけ面倒くさいっちゅうのよ。

そんなリアル嫌いのこじらせ女子が大人数いた。

私を含め、勉強が無かったら、メンヘラ予備軍が睨み合う、ネットの中と少し似ているくらいの、生産性の無い集団の人間関係ばかりがあったかもしれない。

私はそんな環境に満足していなかった。

授業料を掛けて勉強したら、頑張ったら、収穫を得るものなんだ、と、漠然とした欲求を持ち、でもそんな欲求をどうにもできないでいた。

もう20年以上前の話だ。




香港の騒ぎが長期化している。

原因は、非常に真面目で、世のため、人々のため、子どもたちの未来のための内容だ。(詳しくはググってね。)

これだけの心血が注がれている。

(中国の言うことを聞く)政府側、デモ側、どっちも引かない。


かたや、そろいもそろって自分の飢餓感にばかり捕らわれる日本人。

20年以上前から、

携帯が普及しても、インターネットが向上しても、そのへんが変化していない。

せめて恥ずかしいと感じる、感性は、どこいった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント