雑談みっつ。

ネタバレ、たぶんしない予定だ。

ジョーカー まだ見ない。

そんなの知らん勝手にせい、と言われることかもしれないが、

テーマが、ムテキの人の出来上がり方、みたいなストーリーらしい。


ムテキの人、は、表現方法として、非常に目立つ、非倫理的な方法を取るだけである、結局は、社会的弱者。

野良レモンは、少なくともここのブログで、メインで取り扱いたいつもりではない。

ただし、今までの国内の事例を振り返ってみても、そういう犯人たちは非倫理的なことをやらかしているため、当然ニュースに大々的に取り上げられてしまい、狙い通り、社会的影響をこさえてしまうため、

国内でも私たち軽度当事者たちは、動揺をしてネットで話題にしてしまう。

ネットに書かれたものをロムする側も当然いるため、ネットから情報を得て、ネットから心身の影響を受けてしまうため、

各、ネットユーザーが、ネットから受けたい収穫、以上の、心身の損害を、わざわざ与え合う必要は無いから、

不要だから、そして損害から上手に逃げられない若年層や病人は、可哀想だから、

表現に気を遣い、自主的に調整するのである。

いたいけな少年少女、が読んでくれてるとは思いたくない……過去記事を思い返してR18にしてもいい気持ちになることもあるが、

そんなアダルト……な文のつもりも無いため、していないけれど、オバサン心配なのだ。




ムテキの人、つくづく迷惑だ。

野良レモンは不満がたまっている。

リアルの現実とは区別がつく程度に、そこそこに、ではあるが、

そもそもインターネットが、リアルの現実の息抜き、ガス抜き、あと勉強…に、使う目的で約20年前に購入したものであるため、

インターネットで憂さが晴れていない今は、私が回線に接続する目的が果たせているとは言えない。

私たち弱者は、コミュニケーションでマウントを取りたい人たちのスケープゴートになるために、生産を生まなくてもインターネット回線を繋いでいるのではない。

“マウントを取りたい人たち”のために、優しくただで弱ってあげるボランティア、ではない。


『えんじょう』の漢字表現も、イラスト文字も、京都アニメの事件以来、まだ使うのをためらって、遠慮してしまう。

表現は自由にしていいものなんだけど、傷つく人がいるかもしれない、と考えると可哀想だ。

いつまでためらうのか。

それも正解は無く、野良レモンの自由なんだろうけど。

そういう事件が起きるたびに、のどかなことを書くのは遠慮しなくては、という気持ちが働き、

後回しにした映画の感想記事もある。アベンジャーズエンドゲームだって……、自分の利益にならなくても守る誇りを描いたグリーンブックだって、ワードの中で、下書きで、出番を待っている。


ムテキの人たちは、基本に反している。

『社会への不満は、言論の自由で表現された言論や、選挙で法に乗っ取った投票をすることで主張すること。損害は裁判で審議に掛けて法的に解消すること。』といった、義務教育で教えられる基本に反している。

基本に乗っ取っても、耐えがたい不幸、満たされない欲求、かなわない人権があったのだろうから反したわけだけどもね。


しかし、邪道なのである。


私が、過去には掲示板などのネットコミュニティ、今はこのブログなりで扱いたいのは、

医療支援や福祉の隙間に落とされて、かつ、無視されている、

社会的立場を持ちながら、軽度当事者としてのケアを十分に受けられない当事者たちなのだ。

私の造語(最近あまり使ってなかったけど)中途診断二次障害野良当事者団 も、教育支援適用済み当事者団 も、HSP/HSSの人たちも、

前提に、

社会的立場がある。

主婦、親、労働者、失業者、療養している人……

社会に、はまって生きる、意志がある。うまくいかないだけ。


不幸の主張は、する人権はある、と野良レモンは考える。

だって、私たち国民、人間全員には、当然、人権があるから。

でも、手当たり次第に主張、攻撃をやっていい、とは違う。

助けを求めても伝わらない不幸は、まず言論、とか、デモ、とか、ユーチューブ、ニコ生、なりで伝達をするしかないと考える。

しようと思ってすぐ出来るものではないから、掲示板なり、当事者会なりで、伝達のトレーニングをするんだと考えてきた。

でも、トレーニングの場は、そう使われずに当事者たち自身の手でブッ壊されるようになった。

ムテキに走る前に、努力して試すことは山のようにあるはずなのに、力量を付ける場所が無い。

ムテキ行為に走るくらいなら、書け と、何度言いたくなったか。

でも、野良レモンの文には、ムテキ素質のある人に伝わる説得力や、響く伝達力が、無い。

無いものは書けないので書けなかった。



邪道な方法に注目して邪道な方法の分析や歴史の言語化 ばっかり、を、膨大な時間を使って伝わりやすく気を遣って書くのは、

もう、マニアの領域だと思う。

野良レモンは、そうじゃないんだよね。

食べログやタピオカやユーチューブやジャニーズやコンカツやスクープを、見物人として、無責任な立ち位置から好き勝手書く、という、マニアのお遊びは、自分に息抜き以上の収穫がなにも無い。自分の分析にも自分の理解にも至らない。学びが無い。

自分を粗末にする時間の使い方だと考える。

ムテキの人もそう。そこ頑張りたくないんだよ。



ブログ、インスタ、SNS、お金が入るものでなければ、結論は自己満足のツールでしかないんだよ。

ただし、ツールを使ってコミュニケーションしたい、というニーズは、ものすごく多くの人たちにあるんだよ。

そのニーズをほじくった時に、社会まるごとのニーズも見えてきそうになって、野良レモンの狭い視界が、見聞が、広がりそうな気配を感じることがある。

見えない世界、経験できない世界は、調べる。情報を集めて、察して、接し方を組み立てる。多くの障碍者が取り組んでいる努力項目に、スピードが遅いながらも、野良レモンも取り組む。その時に、今は私には言語化 が一番前へ進める方法であるのだ。

自己満足、という使い古された言い方では括れない。





ほんとにごくたまに、すし飯が食べたくなる。

寿司はすぐには手が届かない。

退勤後のコンビニにもそもそもあまり行かないし、身体がバキバキなら帰宅してしまうし、

コンビニに行っても売り切れていることもある。

近くのコンビニは、助六寿司も売り切れていることがある。

刺身の買い置きなんて、危ないこと、いくら私が常識外れでもするわけが無い。

でも、あまりに休みのお出掛けをしないでいると、外食がしたくて、すし飯のイメージがおでこの斜め上あたりをチラチラするんである。たぶん魚介のたんぱく質を身体が欲しがってしまうのだろうか


でも手近に無いものは仕方が無い。

と思ったら、冷蔵庫に小瓶があった。

実家からおすそ分けをもらった、梅干しだ。

なにかの冠婚葬祭に出したもののお返しに、カタログをもらって、それでとってもいい はちみつ梅干を取り寄せたんだそう。

量があったので野良レモンにもおすそ分け。

その梅干しはもう残り少なくなっている。取っておく癖が発動すると果てしなく冷蔵庫の中で残ってるので、

もったいながらずに食べていた。

その小瓶の中に、梅干しを漬けていた、甘酸っぱいタレが………


これたぶん美味しいやつだ………


炊き立ての米。しゃもじで約二杯。一合強はあるだろう。タッパーにぷっこむ。

タレはたぶん大匙二杯ぐらい。


ネットによるすし飯のレシピ。酢、砂糖、塩。

タレにも酸味も甘味もしょっぱさも入ってる。イケるわー


しゃもじに沿わせて入れるのは知らなかった。

切るようにしゃくしゃく、しゃくしゃく混ぜた。

わー、これお寿司っぽい味だー


実家にバレたら呆れられるやつですね。

他人には食べさせちゃいけないやつ。

ネットの言葉で言う、マズメシ、を作るオバサンです。


すし飯はタッパーに入って、冷ましてある。

たぶん海苔の上に広げて、きゅうりや卵焼きを乗せて、巻いたら、立派な海苔巻きになるのよね。

いや、立派じゃあない。





野良レモンだってぽっちゃりなので、ダイエットのマッサージグッズぐらい持っている。

しかし、あの猛暑のタイミングで、やらなくなってしまった。

「マッサージグッズをゴロゴロする時間が無い 」って、ここに書きたくて、思考の斜め上にはいつもチラチラしてたんだ。

でも、あの猛暑で、毎日のルーティン全部をこなせなくて、優先順位の低いルーティンから落とされていったらしい。

電源が切れるように、野良レモンの思考から消えて、触らなくなってしまった。


実際、やることが尽きないのだ。

残業が終わって帰宅してから、痛む場所にシップを貼ったり、薬を飲んだり、水筒を空にしたり、お仕事で服にシミが付いたら、洗剤に漬けおきしたり、流し台を空にしたり、資源ごみを分けたり、たまったら出す曜日の前夜に出したり、そんなことをチョビチョビする。

楽しいテンションの時に楽しくできることばかりして、家の中は保っていけない。

家の中に持ち込んだ物は自分でなんとかしないといつまでも、持ち込んだ位置のままそこにある宿命は分かっているけど、

なんとかする方法を必ず思い付くとは限らないし、思い付いてもできるとは限らない。

太った身体も太ったまま、それは分かっている。でも頭の電源が落ちたら、睡眠も取らないと生計に関わる。


この記事へのコメント