ヒエラルキーピラミッド建設業

性格悪いグルの「骨」問題が、各テレビで整理されて流された。

「殺人犯を弔うな! 被害者への謝罪の気持ちは無いのかー やっぱり娘も殺人者と同格か
「自分の親だろう 弔いなさい拝める偶像立てなさい信者に崇拝させなさい責任あるんだよ果たしなさい
「配偶者がもらって当たり前さっさと寄越しなさい金庫入れとけばいいんでしょうテヘペロ」


犯罪事件被害者、残ってる信者たち、自己正当化したい家族、三方向から「骨」が追いかけられて、試される図式を作られているわけだよね。

しかしそれで、四女が困っている姿を、世間でも注目して見てしまうことは、グル本人の思うつぼだよ。

自己愛パーソナリティ病気の人たちは、人を試すことが関係性づくりであるらしい。

脅してでも危険行為をして見せて欲しいだけじゃん。ショーを見たいんでしょ。承認欲求とかそういうのが満たされるんでしょう。

世界が解り合えなくて不幸であろうが、家族が傷や病気を抱えようが、世の中が平和を保っていようが、一般の普通の社会人たちが自他の区別を当たり前につけて自身の尊厳を持って生きていようが、

自分の承認欲求がなぐさめられ続けて、なぐさめのコレクションしたいだけじゃん。妻子まで持ったくせにねぇ。

妄想の暴走とはかくあるものだろう。
他人が他人自身の自我を持って自立しているという、とても平凡なことのみで、喧嘩を売られたような挑発を感じ、反撃に出られる思考回路が存在する人種がいる。

そんな人種を刺激しないように、
妄想の暴走をする者が同族たちに伝播させ、集団ヒステリーを巻き起こさせないために、日本人は慎みを身に着け、謙遜して丸い形にする和の習慣を付け、取り乱さない文化を持ってきた。

そうして島国日本は、理性を保ち、恥ずかしがり屋さんで、謙遜して自己努力して、素直に従順に人の言うことを聞く、災害にあっても信じて救援を待てる、クーデターも無い平和な国になった。

そこにもそぐわない、出過ぎたり、引っ込み過ぎたり抜けたりする出来の悪い杭が私たちだ。

私たちはただの“出来の悪い杭”であり、それ以上でもそれ以下でも無い。

目立たな過ぎて、国がまだ私たちの処遇をなにも決められないだけであり、

私たちは本来は他人様から身の程以上に罰されたり、弱みに付け込まれる云われは無いと、野良レモンは繰り返し書いている。
情報が分からないから、食べていけないから、他人様の言うことを全力で聞き、好感度を全力で狩りに行くことでしか生きられないんだ。

自身の心身を健康にしていたら、私たちは食べていけないんだ。そして悪化させても生きていけない。

最高に価値が高いことをやっているわけではなく、
私たちはとても平凡で目にも留めてもらえないことを、生きるために、
発達障害の処世術などが象徴するように、
全力でさせられている人たち、でしかないんだよ。

その苦痛の代償を求めて、なにするかって、ネットに来る。だけ。

理解者もいない、支援にも医療にも相手にされない、目に留めてもらえない中途診断二次障害野良当事者団が、していいことって、結局、回線料と時間を使って、ネットだけ。この現状。




話を元に戻す。

グルの試し行為に対抗する方法は、“無関心”でしかないと考える。

これは大きく書くなら、日本人全体が炎上するかどうか、注目してくれるかどうか、の試し行為の挑戦でもあるだろう。

そんなのに煽られるのは、非常に気分悪い。

お金が問題だけど、代行業者に頼むのが一番いいと思う。弁護士を頼んでいるようだけど、弁護士が探してくれないのかな。

宇宙に飛ばす、外国の博物館に寄付してミイラと一緒に保管されてもらう、などの複数の方法のどれかを取ってもらうことにして、なにを選んだかは依頼主にも知らされないとか。

説もでているけれど、海なら信者が飛び込めるでしょ。

または信者が団体で来て、魚を洗わないでむさぼり喰って信仰を試されて、寄生虫とか毒にやられて死亡事件とか。

だったら北極に撒くくらいしたら。過激で面倒な信者は海外へ行って行方不明になって、日本国内は静かになるわけ。


グルの遺言で託されたのは「骨」だけなんでしょ。

「骨」になにしたってもう自由でしょ。自由にさせてあげたいよね。

解放とか、絶縁とか、させてあげたいね。

グルには、一般の普通の人たちになんて、関心あったんだろうか

国会議員になっても、関心が国民に向いているかのような体裁を取りながら、実は身の回りに試して共依存して遊べる側近や浮気相手や婚外子をもっともっとたくさん、山積みにする目的にしか向かっていく気はなかったかもしれない。

関係性の依存はどこまでも中毒になれる。

社会に普通に生活している庶民たちなんて、側近たちを、試して、競わせるための、材料でしかなかったんだろう。

だから毒物をばらまけた。


親に関心をもらい足りなかった子供のころから、やりたい放題。

自分が寂しいから、という自己中心な理由で、弱者に人権なんていらないって本気で思っていたんじゃないの?

自分が寂しさでいっぱいな人って、他人を生き物扱いできないし。


アダルトチルドレンは、そういう衝動が定期的に湧く、見捨てられ怒りがフラッシュバックする、という話は読んだことがあるし、

ネットを使える軽度当事者の文を何"年"単位で読んでいれば、そういう不安の解説が山のように書いてある。

例えが例えだけれど、う〇こですか?

これも、オリジナルではなく、どこぞの出版物から読んだ表現ですよ。なんだか忘れましたが。

定期的に溜まり、出すと忘れるから、正気に戻るから、暴れている時に迷惑掛けた人とかどうでも良くなるし、黙ってて欲しくなる。

そして次に暴れたくなった時にスケープゴートにしたいから、他の人と仲良くならずにキープしたいから、支配したくなったり。

他の人とは自分が仲良くなりたくなったり。

う〇こ処理機材は黙ってろよ自己とか主張すんじゃねえよてめえに人格無いんだよ感情書きたかったら書いてみろよ早く書けやゴラァ黙らねぇとボッチにしてやるからな飼ってやってるんだからてめえはお座りして殴られてボケッとしていろよ

でも病気だから治らないんだよやり過ごしながら社会参加するから応援してねテヘペロ

こんなのを総称して、う〇こ問題。なるほど……

なるほど、面倒くさい。

なるほど、的を得ている。

アイドルもう〇こするけど、落ち込まないで、きゃぴきゃぴしないと生きていけないから……


……って、同じ問題レベルじゃないよ




三女の娘さんは、マスメディアに出ている。勇気ある行動だし、多くの言葉を話せるぐらい苦労して勉強してきているし、団体の信者には禁止されていた化粧もちゃんとして適応の努力をしている。

目を覚ますのに最短最速の方法であると思う。

ただ、団体の罪の主犯がだれなのか、については、認識が迷子になっている。

バランスの取れた社会経験の不足、まっとうな大人の指導と模範の不足、があった気がする。可哀想なことだ。

グルが知性を使って、側近たちを、煽ってエスカレートさせた代償は、情状酌量されない。

そこに、意識して狙って煽って犯罪を起こすように仕掛けた意志があったからだ。

仮に、検査でわかる以上に視力が悪かったとしてもだ。

三女にとっては、普通に会話が通じる、守ってあげたい父親だったとしても、それは人間の数ある側面の中の一側面に過ぎなかった。可哀想だけど、社会経験を積んで、歳を重ねて、柔軟に、客観視できるようになってほしい。

それまでは、暮らす手段はネットにもはっきり書かれていないけど、可能ならば就労先では静かに働かせてあげてほしい。

もし、幼少時代にそれなりに回りに愛情や関心を注がれてきて、この女性の情緒が安定していることも許せない、健康な自立心やコミニュケーション能力や自己肯定感を持っていることも許せない、憎いから社会で共存したくないと騒ぎになるなら、生活保護でも仕方ないと考える。

文筆業は、書くことには限界があるでしょう。きっと。三女の言葉の引き出しがまだどれだけあるのか分からないけれど。
でも、カウンセラーなり、社会適応の度合いを、たゆまずチェックしてくれるところと繋がり続けて、話し続けて行けば、娘さんたちはどこまでもまともに近づいていく可能性を持っている気がするんだけど。

重要なのは、縁を切った娘さんたちが食べていけなくなっても、縁を切った家族に頼らせないことかな。
この子や、長女や四女たち、縁を切った娘さんたちを追い詰めたら、それこそグルの思う壺で、策略にはまることのような気がする。


社会として、こんなテロ集団をもう生み出さない方法は、考え続けて、作り続けなければならない。

しかし、「骨」の件の最良の解決は、グルが意図的に自己愛アピールを仕掛けた仕掛けに対してだけは、“無関心”になることではないのだろうか。




ASDスペクトラムまたは自閉に片足を突っ込んでいる特性の人たちには、

指示に従える人間が非常に狭くなる特性、があるという。

くだいて書くと、『合う』と判断した特定のお医者の言うことしか聞かないとか、ごく限られた人間の指示だけ聞かないと情緒不安定になるASDスペクトラムがいるという。

野良レモンは、そんな生き方をすると、ニートになってしまうので、生きていけなくて危険であることは、いつからか、診断された頃か、それとも生育しながらかはよく分からないが、勘づいていた。

しかし、社会で会う人みんなから、だれでもから良く思われる努力は、書くまでもなくきつい。

そこで“帰依”とかなんとかいう罠にはまってしまった人たちが、カルト被害者である。

特定のおかしい宗教団体だけじゃないよ。芸能人だって、個人対個人の洗脳の罠に時々掛かってるよね。きっと芸能界ってそれだけ“重い”仕事なんだろうなとは思うけど。

間違った“帰依”現象、これはなんだろうと考えていた。

マズローの欲求のピラミッドの中には、よりどりみどりの種類の欲求が詰め込まれている。

その中でも所属の欲求、承認の欲求が肥大して、脳が奴隷になった状態なのであろうか?

“帰依”被害者の中には、人類の未来に貢献したいとか何とか、非常に真面目な奉仕精神を持っていた人たちもいた。

フードフェスティバルみたいなイベントの美味しそうなものをテレビで見ると、混み入った考え事なんて一旦吹き飛ぶ野良レモンは恥ずかしいぐらいだ。

一方、自分が好奇心で不思議なものを見たいとか、守って欲しいとか、周囲の人たちに騙されて信用できないから信じられる人だけに頼りたいとか、
そういう、自分の欲求を叶えたい人たちは、可哀想ではあるけれど、どこまで自覚しているのだろうか。

それを『叶えるべきだよ。』と言われる。

言われたことに従うべきか、逃げるべきか、どこで判断すればいいのだろうか。

私には私の判断基準がある。どうやらある。

でもそれを『説明して。』と言われると、人に分かるように説明が、果たして出来るのかどうか。

説明できないからって、人から言われたことにはなんでも従えばいいのか、判断基準なんて最初から無かったんだと言われたとして、果たしてそうなのか。

それは違うよね。

取りたくも無い新聞を『取れ』と言われたらはいはいと取るのか。違うよね。


二次障害として愛着問題を抱えている当事者たちはとても多い。

家から出られない人たちや、暴力のパートナーから逃げたいのに逃げられない人たちに『信じていいんだよ。』と語り掛けるのは、凄く大切なことである。

しかし、人に頼りたい欲求が暴走することで、頼らせてくれる人が無条件に脳の中に焼き付けられ、常時頭がいっぱいになって支配されて離れられなくなるのは問題だ。

我が子が「あそぶことってあほみたい」と書かされころされても、目が覚めなくなる。目を覚ます必要性が分からなくなる。でも許されないでしょう。

お口が達者なら、もっともらしい、もっともっぽい大義名分も付けやすい。
むかし、カルト宗教ブームの頃の、内容が薄いやつの一つに、引き籠りを治すためという理由を付けて、角材で殴って虐待していた集団もあったという。


私たちASDスペクトラム軽度当事者たちの特性として、一度はまると高確率で暴走できるということがある。

愛着や"帰依"や洗脳問題は、パチンコや薬物やスマホ課金ゲームなどの嗜癖と違って、いけない、駄目な理由が数値化して具体的に出しづらい嗜癖であるからだ。

だれか心配した家族や友達が「駄目ったら駄目ったら絶対駄目―」と言ってくれたとして、説得力あるだろうか?


こうして捕獲した子分たちは、ヒエラルキーのピラミッドを作っていく。

ピラミッドの建設は、たぶん、楽しいだろう。

ドーパミンも出るかもしれない。

ちゃんとした名前も付けたグループにしたくなるかもしれない。

自分たちがAKBめいた何者かになれたような、錯覚がするのかもしれない。

人生最高の成功体験をした気になるのかもしれない。

しかし、一般社会から見たら、とんでもないヒステリーの異常者集団ができあがり、なにも生産も成長も進歩も無いまま逮捕、の未来しか無かったのだ。




相手が意志表示をするだけであらゆる周囲の人間関係が壊れる罠を用意してから、
自分が手を掛けて首絞めて意志表示を迫っていく、脅しでしか関係性を持てない関係構築力

これは、本来なら時代錯誤な、古くて幼いと言ってもいい方法論であると考える。

なぜなら、挑発と破壊と支配の戦い方は、人類が歴史の中で戦争しながらもう克服してきた方法であるからだ。

第二次世界大戦の引き金を調べなおしてみよう。

アメリカは、不当に日本が物資を得られなくなるような輸出入の仕組みを迫りながら、日本が自国国民を犠牲にしてアメリカに従うのを待っていた。

日本はそんな挑発には屈しなかった。国連を出て多勢を相手にしても、三国同盟を作りながら、

次世代を国際関係の”いじめ”から守るために、第二次世界大戦に進む選択をしたのである。

結果は歴史が示す通りの敗戦になったが、沖縄、広島、長崎、多大な犠牲を出しつつも日本全土が植民地にはならずに、独立国として存在し続けるだけの意志表示を、世界に示せたのが、私たち日本人なのだ。

敗者を跡かたなくヒステリックに破壊する一つ覚えだけでは、世界は成立しないことを、人類は知ったから、

現代は、こうして、国連が立ち回り、面倒くさい関係調整を世界中で図り、

理解力が追い付かない平凡な庶民にはなにが起こっているかさっぱり分からない展開を進めながら、

世界大戦を予防する方法を取るようになったんだと野良レモンはなんとなく理解している。


たしかに、白黒たたき出して結論付けないやり方は、私たちASDスペクトラムの頭には、負担だ。

不快だ。

勝者になれなかったくせに健康なアイデンティティなんてどうやって持てと言うのか、戸惑いを根本解決できずに、

世界から見ても、優柔不断で思考停止しやすい副作用に掛かった日本人像ができあがってしまった。

しかし、これで、人類の破滅から私たちは逃れている。

とりあえず”暴走”はいけないことだと、私たちには教育されてきた。

「なんで正義のためならなにしたっていいじゃない」思考パターンの者たちは反発する。

正義が時には主観的なものであり、特定の思想が暴走することは危険なことであることを、教育で覚えられた多数の者は平和に社会に適応していけるが、

覚えられず、幼児時代の愛着の課題も解決していない者には、”弱肉強食”という時代錯誤の発想が走り出す。


挑発の形でしか甘えられないパーソナリティ障害への対処は、基本、隔離と無関心であると言われている。

もう隔離は終わったので、無関心な結果になる方法を選択すればいい。

「骨」は国内に存在しなくていいと思う。

代行依頼で、宇宙に飛ばすか、海外のマニアックな博物館に寄付してミイラや化石のように保管するでいいと思う。

そうすることで、意志ある娘さんたちは”尊厳”や”人権”ごと、解放されて欲しい。