無傷の『鬼』ですよ~

ブログから外へ出ていないので、「ワル」も、どこからもお豆をぶつけられる心配は無いわけですね。

軽度当事者たるもの、このくらい負荷を減らす生活しないと脳が持たないじゃないですか 幻想見てしまいますよ。もう薬は増やしたくないでしょう。



 でも、世間知らずで社会経験も無い、深層の令嬢の乙女がコミニュケーション疎通不可の関係性のいじめを受けて、であったなら、
説得する専門知識のある支援者を付けて、目を覚まさせないとならないかもしれない。面倒くさそうではある。
でも、野良レモンの子供のころから目指していた女性像も、だいたいそんな、目立たなくて、謙虚で、いい子の理想だ。
そんな女性像に見られたい。思われたい。


前記事のこれを思い返していて、お姫様、について考え続けていてしまった。

一国を背負う一族の、覚悟や品格を問われる本物の血縁の姫さま、ではない。

家来衆やしもじもの民のことを家族のように気に掛け、思いやり、リーダー一族である責任感から礼節も武力も、腐海の植物の知識もありとあらゆるものを身に着けたあっちの姫さまとは違う。


一般的な【女子】になんでか古来から住み着いている、お姫様イメージだ。

それが、極端に表れてしまったら、東京には空が無いのと言ってレモンをガリガリかじるタイプにならなきゃならない。

でも、野良レモンはこんなハンドルネーム使って申し訳ないけど、こっちではない。

没落した貴族だか伯爵だかの実家の家族のために、身を削って内職して仕送りとか、野良レモンはそんな勤勉なキャラじゃあない。

こうして見ると、有名人になるお姫様は、結局は努力家で勤勉で真面目、という特徴があるのかなー。

政治家にも、ほとんど落ち度が無い女性たちって、いる。すごいと思う。

そんな暇、無いとも言えるけど。暇あったら寝たい、とか。

真面目な話、寝ないと筋肉も血液も免疫も、大切なものが回復しない場合がある。


けがれない生き方。

これは、キャパが狭い人間にとっては、

ある程度、自分を楽にしてくれることがある。

パワーゲームとの戦い方を考えたり、精神的な疲れを癒している間に、寝る時間が無くなってしまうからだ。


ただし、“構ってちゃん”にとってはつらい。

単調に過ぎていく毎日には、個人として自分の価値や関心度を確認するきっかけすらも、無くなっていくからだろう。

そうしてイライラする人をリアルの現実でも拝見したことがある。

そんな人間たちが集まって、嫉妬心を向けるために、〇春とかの週刊誌を読む。インターネットで、噂をあさる。

〇春のやり方は、否定する隙を作らないように、潰すように、裏を取ったり、関係者に聞きまわったり、

ばらして反応を聞いたり、根拠になるエピソードを聞き集めたり、隙間を徹底的につぶすらしいとか。

うん見ようによってはプロの仕事だよね。

TK先生やSMAPの会社の女帝様のように、たくさんのファンから、「よくも載せたな」と恨まれる、望まれなかったスクープもある。

それでもすっぱ抜きたいんだろうね。

すっぱぬいて、終わりじゃない。

こういう人たちは、大騒ぎを待っている。解雇や、休職や、喧嘩、移籍、離婚、裁判、そんな面白い刺激的な展開になることを、楽しみに待っている。


魔女裁判の水槽に沈める。


この場合、沈めるのは〇春じゃない。多分、世間、とか、一般社会、とか国民感情、とか、そんなものじゃないかと思う。

多くの一般人の感情が、どう思うかが楽しみなんだろう。

水から浮いてきたら「だから有罪じゃないか」と責めれるし、インターネットに空想した悪さを、山のように書き込める。所属組織も楽しく叩けるだろう。

TK先生のように、水に沈んで浮かんでこないことを選んだら、それはそれで何日でも引っ張れる。恨まれながらでも、話題にしてもらえる。そしてインターネットにも意見が山のように書き込まれる。無罪でも、有罪の疑いは本当にないのかの恨み言が積みあがる。


魔女裁判の水槽を、消滅させる方法はわからない。

しかし、危険な気はする。なんとなく。

学が無いから、“集団心理”ってどう動くものなのか、難しくてわからない。

しかし、歴史のヒトラーの例を思い出しても、なんか強烈なカリスマが出て来て、

権力ふるって、一般平民がそれに心酔しなくても、逆らったら面倒くさいから「まあいいや。」と、

国民が流される、目立たなくなる、従う、そして残虐な軍隊が暴走してしまった、という経験を、人類はしてきた。



魔女裁判の水槽に、有名人も、芸能人も、政治家も、大学教授も、学者も、入れても入れても入れても入れても、

だれも反対しない社会になったら。

「ふーん。」と感情停止して、傍観する社会になったら。

水槽が一杯になっても、次の水槽、次の水槽、次の水槽、と代わりを作り足していくのが当たり前になったら。

“魔女裁判”が当たり前になり、お好きな人は裁判行為に依存する社会になるかもしれない。


水槽に入れる容疑者がいなくなったら、

次に狙われるのは……

弱者じゃないですか


法でも守られない、護身を医療にも教えてもらえない、私たち中途診断二次障害野良当事者団かもしれないじゃないですか。

教育支援適用済み当事者団もわかりませんよ。雇用側には断る権利があるだろうし、医療側も条件がそろえば診療拒否をするルール設定があるかもしれない。

支援側から責めれば、社会的に孤立をさせられる。もうしている自治体もあるかもしれないね。

そうやって外堀を埋めさせてから、「みなさんご覧ください。この人たちは引き籠っています間違っていると思いませんか」と、さらしあげることもできるじゃないですか。





最近、気まぐれにゲームに手を出した。

夏に買い替えた、ウインドウズ10が入った今のパソコンに、ゲームがインストールされている。

そんな、どこにでもある、無料のをチビチビやっている。

ルールに乗っ取った作動をする。

ルール通りに頑張ると、くじける前に、ごほうびをくれる。

特定のゲームだけではなく、潰したマークの数を貯めて、溜まったらごほうびをもらえるシステムもある。

一定時間したら、待ち時間を取る仕組みになり、没頭し過ぎないように工夫がある。

システムも、ルールも、基本、人間を裏切らない。

もしも没頭してハイになったとしても、人間を否定してこない。

人間側の都合でいつでも開ける。夜中でも。

いいよね。扱いやすいよね。

不規則な生活や、不規則な仕事をしていたり、不規則に覚醒する体質であることがある軽度当事者にとっては、

“都合がいい”と言えるかもしれないね。

人間にも、それを求められたら良かったのにね。


求められても応じなかったレモンむしぱんは、悪人認定されました。

悪人として、間違っていることを、正されなくてはならないと、迫られましたね。

可哀想な人の求めに応じない、嫌な気分にさせた鬼のような当事者認定されました。第三者は怖くてレスしたくなくなったでしょう。

もしレスしたら、悪人の間違いを成敗するための、正義の追及のレスが第三者にも飛んでくるかもしれないから、それも第三者は怖かったでしょう。

24時間、冷静で公平で、機械的で、無視されても温かい、結論の出るレスを一生懸命編み出せない、レモンむしパン、

集団でボールを投げて戦い合ってから潰したいのにボコられても投げ返してもくれないレモンむしぱんは、怠惰で、人を冷淡に扱っていて、意地悪。

歓迎されて肯定されて関心を持たれて、戦って失敗させて否定して、歓迎されて肯定されて関心を持たれて、戦って失敗させて否定して、歓迎されて肯定されて関心を持たれて、戦って失敗させて否定して、

肯定して否定して肯定して否定して肯定して否定して肯定して否定して肯定して否定して

レモンむしぱん言い返してよ反応してよ攻撃してこないで喧嘩しなさい優しく構いなさい水槽に沈みなさい束縛のつもりはありませんよ逃げないでください学習させなさい水から浮きなさいまた勝手に沈みなさい助けさせてください裏切っても受け入れなさいアダルトチルドレンは両方します当然です止まりませんからねスケープゴートに狙いました応えてください二次障害には理解して優しくするものですよ疑いたいから疑いたいのです謝らせなさい気分変調くらい許しなさい沈めさせなさい憎しみを受け入れなさい好意も要求も受け入れなさい憎まれなさい喜びなさい憎まれなさい喜びなさい憎まれなさい喜びなさい思い通りになりなさい振り回されていると感じるなら勝手に感じたらいいじゃないですか知りません早くレスしなさい怠け者は許しません許しなさい叩かせなさい目覚める必要性はありません勝手にボケッとしていればいいじゃないですか逃がしません

ASDはルールづいたものに夢中になりたいんだから、特性を優しく理解して、何十時間タップを連打し続けても、気分が変わっても、脅迫されても、挑発されても、温かく受容し続ける、

理想のサンドバック、理想化のレモンむしパンでいなかった罪。

この罪は、今でもあの掲示板の参加者の一部の人たちの間で、正当化され、レモンむしぱんへの全否定が継続されている。

認知の歪み10パターン

この中に、当時の私の思考回路に、思い当たる部分がいくつもある。

先の先まで察し、予想しようとして、難しくてわからず、遅れや嫌われ、怖がられをどう取り返そうかも、技術、…交渉の仕方や説得の仕方、が無いから、わからず、

自分の感じ方はきっと間違っているんだ、と信じかけ、でも疑問は疑問だから疑問が晴れる内容が書いてあるわかりやすいレスをもらうには、どんな聞き方をすればいいのか考え、

難しくてわからない自分が努力不足に感じ、リアルの社会でも努力不足、インターネットでもやっぱり努力不足だったか、と自己嫌悪になり…

…まるでカサンドラ。言われるほうはきっと言われたくないだろう。もし、あの掲示板が終わる前の時期に、レモンむしぱんが「カサンドラみたい。」なんて発言をしようものなら、レモンむしぱんの感じ方なのに、参加者の人たちは否定してきて、迷惑の気分をメールでお互いに打ちあったんだろう。


レモンむしぱんが、「わたしが悪いのかなわたしが悪いんだね許してくれてありがとう反省したわ。」殴られて「わたしが悪いのかなわたしが悪いんだね許してくれてありがとう反省したわ。」また殴られても「わたしが悪いのかなわたしが悪いんだね許してくれてありがとう反省したわ。」また殴られるの繰り返しで、レスの罰として報いとして陰性転移されて奴隷待遇に思い悩み体調に異変をきたし意識がおかしくなることこそがどうでもいいけど正当なことであり、普通一般であり、建設的であり、掲示板に戻ってきて裁かれて、反省して、炎上されて、振り回されることこそみんなが望んでいること、スケープゴートに認定されたら要求に応えていつまでも一貫してリンチされ続けるべきだと、理論的に一説を書き上げられるんだろうね。

もっと書くと陰性転移を肯定して煽ってレモンむしぱんを殴ってレモンむしぱんに謝らせてやめられなくさせることをどこまで挑発しても続けられるか、一定人数をセットにして喧嘩させる

複数人を巻き込んだ楽しくて一時的に承認欲求など満たされそうな
 動 物 実 験 
であったのかもしれませんね。

レモンむしぱんは”反抗したモルモット”。水槽の水に沈めながら凶器で突き刺して血とかブシャーッて出たとしても、晴らすには余りある、二次障害の恨み憎しみがあるんでしょうか。

二次障害の原因とか、敵とか、がレモンむしぱんだったなら、リンチして実験してころす筋合いがあるんでしょうが、
残念ながら、レモンむしぱんはインターネット上の”赤の他人”でした。
言われるがままに従わない言動をする、知的能力がありました。

モルモットのくせにね、許せませんねー。

炎上もリンチも、一貫すべきものはなんでも、いつまでもどこまでも一貫すべき。学びのため。反論は受け取らない。認めない。だったよね。
他人さまに認めてもらえない文しか書けないレモンむしぱんは無能。その努力意味無し不合格やり直し早く使えない役立たずやり直しを毎日繰り返すまで仲間外れにしますあなたと会話するお仲間はいません償っていない者と会話するのは意味の無いことだからです反抗したければすればいいじゃないですか早く反論を書きなさい早く楽しい学習のための実験動物に利用される価値しか無いレモンむしぱんのくせに攻撃と取られることはとりあえず謝りました許すかどうかはレモンむしぱんの責任です責任を果たさない人間性は嫌われます無責任で生意気な人間としてみんなに認識されますがもう知りません相応の罰を受けることになると思いますが罰を受けることに当たってレモンむしぱんの意志を早く書きなさい感情は勝手に書けばいいじゃないですか管理人さんを呼んできますよ

優しくされた喜びで輝いて信頼して寄ってくるレモンむしぱんにギロチンを落とします首をはねてからまた友情と信頼を命じます悪いのは自分だと認識させます優しくされた喜びで輝いて信頼して寄ってくるレモンむしぱんにギロチンを落とします首をはねてからまた友情と信頼を命じます悪いのは自分だと認識させます優しくされた喜びで輝いて信頼して寄ってくるレモンむしぱんにギロチンを落とします首をはねてからまた友情と信頼を命じます悪いのは自分だと認識させます優しくされた喜びで輝いて信頼して寄ってくるレモンむしぱんにギロチンを落とします首をはねてからまた友情と信頼を命じます悪いのは自分だと認識させます 早く首切らせろや懐いて信じてすがってこいよギロチン錆び付くだろうが〇カにしてんのか『対人欲求』無い振りこくんじゃねえよゴラ 止めたくないのですだれもとめないでください

掲示板の人たちの多くは、たとえ炎上が心地悪くなったとしても、やがて混乱して仲裁も意見もできなくなるんだろう。

もしかするとASDスペクトラムは、炎上にも負けないで過集中、没頭する潜在能力は、人によってはあるんじゃないかな。周囲を放っておきがちだけど。ちなみに野良レモンには、無いよ。そんなスタミナ。

最後はレモンに安らぎを求めた美しい作品を残したお姫様を見習って、

脳神経の特性に無理に逆らわず、人に従い、まんまを鵜呑みにして、真正面から思い込んで没頭するけがれない生き方が、回りから許されて、歓迎してもらえる女性、の生き方を目指していた。

しかしそれでは、現代社会…平成も終わろうとしている現代社会では、なかなか通用しなさそうだと、

面倒くささを感じている。




……だからこんな自分を鍛えてほしかったのに、と、発達障害を知って、むかし一番初めに関わった当事者の集団に抱いていた期待、リアルの現実で、追い詰められて、逃げ場がない中で持った一すじの期待、を、

意地汚く、思い出す。