私は間違っていない。力不足なのだ

“あの掲示板”のある若者、大人扱いされることに不快を表明したと野良レモンはとらえてるので、

この子と呼ぶ。

始めはあの掲示板の中の参加者たちに、共感的な言葉を返し、対話に、対話らしく、この子は応じていられていた。

相手が書いてきた言葉に対し、その言葉が意味すること以上の過剰な意味は無いことを前提にできたし、

疑い過ぎず、敵意を持ち過ぎず、読んだ言葉に対してこの子自身が感じた通りの答えを書くことが出来ていた。


相手を肯定しながら受け答えをすることが出来ていた。


それが、ある一点を境に、リアル生活のトラブルを境に、私たち、あの掲示板の参加者は敵認定された。

これはASDスペクトラムたちにとって、非常に混乱を招く仕打ちをされたことになる。

あの掲示板で、教育支援適用済み当事者団の、こんな子と、私は一時期かかわりあいになった。

この子が言いたかったことは、ようするにネットで出会った親身なだれかさんがリアル生活の世界に介入してきて、
リアルの周囲の全部の人間に自分に謝らせるように命令して欲しい、
自分に不利益の無いように周囲の全部の人間に配慮させるよう命令して欲しい、
文面上はそう読み取れる書き方をしていた。

それは無理だ。

不可能だ。

先に権力を持っておいて、狙った人間達を支配下に置かないと無理だ。

相手と自分をコミニュケーションの無い一身同体にすることが許される関係は、新生児と母親しかない。

いや新生児でも、ちゃんとした心理の学識者が見れば、母親へのコミニュケーション発信の動作を見つけられる。


この子は、

愛着も無いくせに、一度関わり合いになった人間にこだわり、何度も問い詰め、

余所から自分の味方をしてくれる人間達を連れて来て、一緒に攻撃してもらうような行動、

つまり“執着”をする傾向があるらしい。

愛着では無く、“執着”。

私は、深くて美的センス知的センスと説得力がある“言葉”に愛着がある。寝食を少々削っても追い求めたい気持があるが、

それに対し、この子は趣味は趣味で別に持ちつつ、生活の行き掛かり上、たまたま関わり合いになった人に、

血を見るかのような深い追及をすることが、やめられないみたいであった。




この子は報告してきた。「嘔吐しました。」


私だって、戦場とか、非常に危機迫ったプレゼンテーションとか、極度のプレッシャーで人間は嘔吐することがある知識はある。

自分の能力範囲内で危機を回避できないとか、難解すぎで状況をコントロールできない、火事場の○ソぢからも役に立たないのに、生存の危機にさらされた極度のプレッシャー、

命の危険で嘔吐が出ることも知識として知ってる。


人間の欲求には五段階あって、生存欲求、安全欲求、所属欲求、自尊心や報酬の欲求、自己実現欲求があって、一段階満たされれば終わりじゃ無くて、最後まで全部欲しいものだそうだ。

既婚者が、配偶者に裏切られていて、浮気を隠されていたことが分かった時に、

それまでの日常だった認識を360度引っ繰り返される怒りと混乱で、

嘔吐するものらしいことも知識としては知っている。

たしかに生存(稼いできたお金が計画的に貯まらず、泡と消えるような目的に使われれば衣食住が不足するかもしれない恐怖。)、安全、所属、自尊心、この四つはドミノのようにぶち壊しになる。

娘や息子の恋愛発覚では、一般常識として嘔吐は起こらないらしい。配偶者で起こる。

これって、かなり相互依存が深くないと成立しないストレスだよね。


では、インターネットで出会ったお相手、しかも愛着も無い相手と敵対して起こす嘔吐は、なにが作用して起こるのでしょう。

過去の経験の思い出を思い出させられるとか、でしょうか。なら無関係な第三者への防衛機制ですね。投影ですか。


「嘔吐」への、どんな責任が発生するんでしょう?

「嘔吐」で、私たちただの参加者には、どんな役割が決められたんでしょう? 奴隷になることですか?

投影だとしたら、私たち参加者は、関係性を客観的に見るなら、被害者だ。

繰り返す。

私たちただの参加者には、「嘔吐」への、どんな責任が発生するんでしょう?

私たちただの参加者には、「嘔吐」への、どんな責任が発生するんでしょう?

私たちただの参加者には、「嘔吐」への、どんな責任が発生するんでしょう?

私たちただの参加者には、「嘔吐」への、どんな責任が発生するんでしょう?


だれのせい?

どんだけネットに依存していたのでしょう。

ネットに依存していた責任も、ネットで出会った人たちに当然のように取らせないと許せない

親のような支援者のような共依存のお友だちのような病的な、この依存度合いは、

“あの掲示板”が導いたものでは決してない。


管理人さんは、ネット掲示板とこの子の距離感を、なんとか知らせようとしていた。

ルールの中でなんとか知らせられないかと、考慮し、言葉を選び、悩み、努力していた。


その考慮や配慮や指導の厚意に、反抗したのはこの子本人だ。


インターネットとの距離、人との距離、ASDスペクトラムはだれもがきちんと取れるわけではない。

一定の学習を経ないと、非常に苦手な一群がいる。

この子は、自身が距離を取れない能力かもしれないことを、直視する言動をできなかった。

たしかに、リアルの生活では、決して平穏や幸せと言える状態では無かったようだ。


しかし、距離を取れない能力であり依存が強いことを、当然のように前提にして、正当化して、

自分を親身に受け止めなさい、それだけじゃ許さないからリアルをなんとかしなさい、

できなければ加害者として、だれか優しい人たちに集団リンチしてもらうから、罪悪感で潰れてしまいなさい、と

権力も無いのに、無料利用できる“あの掲示板”で、ふりかざせるわけがなかったのである。


しかし、『権力』を持たせようとした一群がいた。

犯罪被害経験者には、だれも逆らえないで、言うことを優しく正当化してあげながらいつまでも聞き続け、

イネイブラするよう、または邪魔しないよう参加者たちに強いて、

掲示板の参加者が従わなければ疎外して孤立させる勢力が出てきたのだ。




妄想では無くて、現実に物理的に本当に嘔吐したのなら、

・なぜ嘔吐したのか。

・このあとすることとして、もう嘔吐しなくて済む環境にすることを最優先にするのか、それともたとえ嘔吐を繰り返してしまうことになっても、対話で解決してストレスを解消するのか、引くか、押すかのどちらかの方向を決める。

もしネットで出会った見ず知らずの参加者が、この子にお世話を焼くんだとしたら、だけど

まずこの二点から、書き出すことへ誘導するレスをしてあげるのが、

まわりの参加者の人たちでできると良かったのではないかと考える。

この子と対決していたくせに、このレモンオバサン、どの口が言う!?と思われるんだろうな。


私は間違っていない。今でも私は間違いがあったとは捉えていない。

ただ、将来ある青少年なのに、たぶんインターネット以外、もうたいして自分を振り返られる場所に思える場所が無いだろうに、

自分がなにをしたか、どんな言動をしたかを、自覚させてあげられなかったことには、力不足は感じている。

こう感じることそのものも、とてもお節介なことなのかもしれない



この子の要求を聞いてあげなかった、

この子がリアル生活で不満を持っている人間と、野良レモンは全然別の人間であり、

機嫌をうかがったり、しもてに出て謝ってあげたりする必要はなにも感じていないことを文章にして表明してしまったこと

この後で、“あの掲示板”では、一部の参加者の人たちを、義憤?の怒りにからせる引き金が引かれたように思う。

掲示板が閉まって二年が過ぎたが、思い返すに、この子が、引き金の多くをになっていたように思う。



ただ、インターネットっていうのは、リアル生活の次に、文章化しながらコミニュケーションの不足や情報不足を補ったりできる場所なので、

この子の言動は、たしかに法には触れない。


私が残念なのは、せっかくあの掲示板で、生活の中で時間が許せる人たちが、一定のハンドルネームで安定して出て来て相手してくれるのだから、嘔吐では無くて、勉強をしてほしかった。

学校の勉強では無い、対面では無い、文章を読み返しながら会話できる場所で、自他の区別を、勉強してほしかった。

それまでの人生でコミニュケーションが、うまくいかなかった原因を、見つけて欲しかった。

この子は、時系列で年表が作れるほど、多くの支援者や病院に掛かることが出来ていた。

そこで、一般の普通の人では言えない、専門的な言葉、指導を受けられたはずだ。

指導は『土台』として生かしながら、

この子がある一点にさしかかると、自分の周囲を自分で壊してしまうパターンが、なぜ起こるのか

なにをしたら抜けられるのかを掴んで、一貫性のある社会参加をできるように。


コミニュケーションの全部を拒否したり、逆に追いまわすように追及してしまったり、

特定の人間を集団リンチしてもらえるように、同調してくれる味方達を求めて暴走してしまったりしてしまう、

これらの問題行動は、自分の言動でも引き寄せてしまっていることなんだよということを、理屈で証明したかった。

野良レモンはこれ以上は話を合わせてあげられませんよ、これこそ『自他の境界』ですよ、という、壁を作って見せたかったのだ。

壁は、攻撃ではない。教材だ。



まわりの人たちは不満を持っていた。野良レモンはどうして優しさで説得できなかったのか。

実際、入れ替わり立ち替わり、最後まで、優しい言葉を掛け続けた人たちはいた。

この子は全部を受け付けず、しかし、優しい言葉を求め続けた。

管理人さんに、「早く自分を書き込み停止処置にしろ」と捨て身で攻撃した。

その結果、掲示板にこの子が書き込みはできる設定は残し、参加者全員にレス禁止をした。


そのヒントを出せなかったり、気付きに導けなかった私に、力不足は感じる。

機嫌を取らなかったこと、イネイブラにならなかったことに、野良レモンは後悔は無い。



ではこの子はどんな支援場所を求めているんでしょうね。

人とかかわりあいになりたい、でも敵認定してやっつけたいから、やっつけるために根拠になるエピソードを書き出して、何人もの人にメールやスレ立てをしたい。

そして周囲から人が離れ孤立し、具合が悪くなって病院の世話になって、とりあえず人と関わり合いになって社会参加することを支援者から勧められ、

人とかかわりあいになりたい、でも敵認定してやっつけたいから、やっつけるために根拠になるエピソードを書き出して、何人もの人にメールやスレ立てをしたい。

そして周囲から人が離れ孤立し、具合が悪くなって病院の世話になって、とりあえず人と関わり合いになって社会参加することを支援者から勧められ、

人とかかわりあいになりたい、でも敵認定してやっつけたいから、やっつけるために根拠になるエピソードを書き出して、………

何人もの人にメールやスレ立てをしてかかわりあいになりたい、でも敵認定してやっつけたいから、やっつけるために根拠になるエピソードを書き出して、何人もの人にメールやスレ立てをしたい。

そして周囲から人が離れ孤立し、具合が悪くなって病院の世話になって、とりあえず人と関わり合いになって社会参加することを支援者から勧められ、………


ただの対処療法じゃないですか。

対処療法で効果が見られない場合って、違う方法が試されていかないとならないものじゃないでしょうか。

私は、こんな情報過多な頭になってしまったから、お医者も“指示”を出してくれなかった。放置された。

しかし、放置から、私は何も悟らなかった。

私のあり方は罪悪で、反省をすればいいのか、それとも違うことを見つけ出して悟っていけばいいのか、

なにをすれば合格なのかがさっぱり分からなかった過去が若い時にある。

ネットでお会いした当事者達も私から逃げ続けた。

聞かないで!問わないで!求めないで!疑問持たないで!餓えないで!わかんない!



人から離れた空間なら、確保できるんだよ。

人から干渉されない空間なら、限られた時間だけど、確保できるんだよ。

労働基準法に乗っ取って、妥協して、ルールを守って労働することで、少なくともトラブルの無い空間と時間なら、最低限、確保できるんだよ。

それでも満たされないけど。

この子は『満たされること』にとても重きを置いているような価値観に見える。

どんな支援場所なら落ち着けるんだろうね。

お姫様のように、周囲の環境を最優先してもらえて、人と関わりたい時に指名した人が必ず構ってくれて、

構ってもらった後に敵視したくなったら、周りにぞろぞろとお付きの人たちのように人が集まってちやほやと味方してくれて、敵を攻撃してくれて、優しく正当化してくれて、謝ってくれて、

それをローテーションのように、職員、利用者関係無く指名して繰り返して、

周囲からは毎日、攻撃された人の嘆きと悲しみの騒ぎが鳴りやまなくてもどうでも良くて、

自分からはなにも言葉にして言わなくて、上から目線でふんぞり返って睨んだり、

気に入って指名したお友だち扱いの子とヒソヒソして不機嫌そうな態度をとるだけで、

周囲があわてて「そういうタイプの障害なんだもんねえ♪」と察してくれて、

(野良レモンは、出しゃばらなくて控え目でおしとやかで慎ましくて、とっても好感の持てるお嬢さんねえ~と思われるのが大好き。実際はオバサンでも、これがきっと永遠の理想。)

尊大な受け身で待ってるだけで、支援のためによく訓練された支援者が専門的なわかりやすい言葉でいつも正当化してくれて、

仕事ほっぽらかして、不機嫌で周囲をコントロールしては、自分の機嫌でまわりの人が一喜一憂する、過剰な共感を、気が済むまでしてくれて、

そんな作業所が目の前に何か所も、何か所も、泣いて威嚇すると出て来て、

一箇所作るのに、自治体の福祉職員を何人も動かして、出資金や借金が何百万も掛かるはずの作業所だけど

嫌になったら次へ簡単に移れて、そこの職員達もいつの間にかお姫様の扱い方をわかっていて、

当然のように約束してもらえて、人見知りのストレスも最小限で良くて、

気に入らなかったら何人もの人たちをまた使って攻撃して謝らせて、敵視したターゲットは解雇。



権力を持って人を集めて、思いどおりにして、そういう関係性の行使がやめられない中毒になって

麻痺して耐性が付いた自尊心が、燃える燃料を求めてもっともっと暴れる。

こんな人生の充実は他には無いわって、感じ?



どこのカルト集団でしょうね?